男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)研究の歴史

男性型脱毛症を最初に説明したのは、紀元前400年ごろ、ギリシャの哲学者であり医師であったヒポクラテスでした。「宦官に痛風とハゲはない」と記したのです。宦官とは、宮廷に仕えた男児の奴隷で、宮廷に上がる前に、睾丸を取られた者を呼びます。すなわち、睾丸がない男性は、ハゲないということ、はげる原因は睾丸にあるということに気がついていたのです。
次の時代になると、アリストテレスが、「すべての動物のうち、ヒトはもっとも著明にはげやすい動物である。そして、思春期以前にはげる者はみられない。性衝動を有する男性ははげる。女性は、小児と同様に精液を分泌する能力を欠くのでハゲない。宦官もまたはげない。女性状態への移行のためである。宦官は、幼くして去勢すれば、成長してからも体毛がまったく生えず、去勢前に体毛を有していれば陰毛のほかは脱落する。女性も同様に、陰毛のほかには成長後の毛の新生をみない」と記していて、男性は率丸があることが原因で、はげたり、性衝動が起こったり、体毛が生えることを示しました。
その後の研究は進まなかったらしく、AGAに関する記録はありません。第二次世界大戦前になって米国の皮膚科医ハミルトン(Hamilton)が男性ホルモンの実験を行い、「男性型脱毛症はテストステロンを原因にして起こるが、禿頭となる素因は家系的に遺伝し、禿頭となるか否かは血中のテストステロン量にはかかわらず、毛嚢のテストステロン感受性によるらしい」と発表しました。この発表で重要なのは、「ハゲる原因はテストステロンの量ではなく、個人によってちがうテストステロンの感受性にある」ということです。
1960年代になると、男性型脱毛症にジヒドロテストステロン(DHT)が関与していることが示され、このDHTはテストステロンから5α‐還元酵素(リダクターゼ)により変換されることが判明しました。このころから、ネイティプ・アメリカンが強壮剤として愛用した「ノコギリヤシ」に、前立腺肥大の予防、男性の薄毛の予防の効果もあることが研究され始めました。
研究を重ねた結果、一九八三年、米国のメルク社が、5α‐還元酵素阻害薬であるフィナステリドの合成に成功しました。まずは、良性前立腺肥大症治療薬として「プロスカー」を発売し、1998年に男性型脱毛症治療薬として「プロペシア 1mg錠」を米国を手始めに世界に向けて発売しました。
日本では2005年に、男性型脱毛症用薬として厚生労働省からようやく承認され、「プロペシア 0.2mg錠・1mg錠」が発売されました。男性型脱毛症の研究には、2400年の時を経過してようやく待望の治療薬が出現したという、壮大な歴史があるのです。その間に何十他人もの薄毛男性が無情を感じながら、生涯を閉じたかを考えると、よい時代になったものだと思います。

AGAを自覚するきっかけ

日常の習慣で、洗面や歯みがき、ネクタイを結ぶときなどに、鏡を見ることが多いと思い
ます。しかし、朝の忙しい時間帯で、顔や髪の変化を確実につかむことは容易ではありません。どんなときに薄毛を自覚した方が多いのでしょうか?
次のような5大きっかけがあります。
●小雨の降り始めに傘がないとき
●風呂上がり、プールから出たあと
●毎日の髪のセットがうまくいかない
●昔の写真を見たとき
●他人の指摘(家族、友人、理・美容師など)
傘がないときに小雨が降ってくると、髪が多かったときは多少濡れても頭皮が冷たいなどと感じたことはなかったでしょう。薄毛になると、少々の水滴でも直接地肌に感じます。風呂上がりや、プールで髪が濡れたあとに、あれっ、髪がペタンコになったな、と思いませんか?
また、毎日の髪のセットに時間がかかるようになってきていませんか? ボリュームがなくなると、セットしづらくなるものです。
そして、アルバムを整理していたら、若いときの写真と現在の写真を見比べてみて愕然としたり、とくに、他人に指摘されるのはこたえるもので、同窓会で久しぶりに会った友人から、「おまえ、ハゲたな」といわれるのはショックです。薄毛の遺伝がある人は、いつでも髪のことを注意深く観察しているので、ちょっとした変化でも気づきますが、他人には気づきにくいものだからです。
このようなきっかけがあり、改善を希望するなら、プロペシアは有効な解決方法となるで では、いったい、日本人男性の何人が薄毛なのか。電車に乗っていて周囲を観察すると、2〜3人の薄毛男性を発見できるでしょう。日本人男性の薄毛を調査したある論文によると、自分が薄毛だと認識している男性は1260万人といわれており、なんと成人男性の3人に1人になります。
さらに、薄毛に対してなんらかの対策を講じている人は、500万人におよびます。このように、多くの男性が薄毛を気にし、対処しているのは日本人の気質と関係があるのかもしれません。
日本人の性格的特徴は、「平均化と差別化」といわれます。学生服や制服が好まれるのは、周囲の人々と同じに見られたいという表れです。また、それでいて、他人とはちがうすばらしさがあることを強調したいとも思っています。誰しもが、薄毛ではなく、すばらしくカッコいい存在として周囲に認められたいと願っているはずです。ですから、薄毛を解消したいと願っている男性は何百万人にものぼると思われます。
AGAでプロペシアを服用した方の改善率は約90・7%におよびました。残念ながら、服用したのにAGAが進行した方が、0.3%いました。しかし、99.7%の方は脱毛の進行をくい止めることに成功しており、これは驚くべき治療効果で
す。
ハゲの型分類であるN-H分類と効果の関係、薄毛年数と効果の関係、ストレスと効果の関係を統計・解析してみましたが、とくに関係ないことがわかりました。すなわち、フィナステリドを根気よく飲みつづけることがAGA改善の唯一の条件なのです。

AGAのメカニズムの概略

それでは、このようにすぐれた治療効果をもつフィナステリドの薬としての作用の現れ方を説明しましょう。初めはむずかしく、わかりにくいと思いますが、読んでいくうちになんとなく理解していただければけっこうです。
男性は思春期以降になると薄毛が進行し、やがてハゲてしまうことがあります。では、なぜハゲるのでしょうか?
妊娠した女性の胎児は、受精の瞬間から受精卵が分割し、やがては生まれ出るまでに十分に成長して赤ちゃんになります。もし男児なら、男性ホルモンの作用によって、胎児のあいだに男性として必要な外性器や内性器などが形成され、そして生まれてから第二次性徴が終わるまでのあいだに、男性としての身体の構造と機能を獲得します。
また、成人してからも男性ホルモンは全身に作用し、男性らしくあるために多くの作用をもたらします。たとえば、性欲を感じパートナーを見つけ子孫を残したり、筋肉や骨格が発達し、女性より肉体的な労働が得意になったりします。
しかし、成人してしばらくすると、男性ホルモンのうち、よい働きをするテストステロンよりも、悪い働きをするジヒドロテストステロン(DHT)が増えていきます。成人男性において、テストステロンは精子形成、性欲、筋肉・骨格・大脳皮質の発達を促進します。けれども、DHTの働きはよい面はほとんどなく、頭髪の減少(男性型脱毛)、体毛やひげの増加(場合によっては男性の象徴でもある)、皮脂の分泌増加、中高年では前立腺肥大症などを起こします。ですから、DHTは男性に悪さをする悪玉男性ホルモンと呼んでもよいでしょう。
この悪玉男性ホルモンであるDHTは、特定の条件下で毛乳頭細胞内の核内にあるX染色体上の男性ホルモン受容体に接合し、脱毛物質を産生し、頭髪の成長および伸長にダメージを与え、最終的には男性型脱毛を引き起こします。この特定の条件は、人種差、性差、遺伝因子、環境因子などによって大きくちがうことがわかっています。
AGAが進行すると、健康な毛包が小さく浅くなっていくために、髪が細く短くなり、全体として薄毛になっていきます。薄毛は時間が経過すると、髪がどんどん細く短くなっていくので、はげて見えるようになるのです。

男性ホルモンには二種類ある

からだの中には、大まかに分けて二種類の男性ホルモンが存在します。テストステロンと、ジヒドロテストステロン(DHT)です。これは、成人男性ではおもに睾丸から、一部は副腎から分泌されています。テストステロンの作用は、性欲を感じる、精子をつくる、筋肉や骨格を発達させ維持する、大脳皮質を発達させる、などのよい意味での男性気質をつかさどるホルモンです。いわば善玉男性ホルモンといえます。
胎児期
テストステロン:男子胎児における内性器の発達
DHT男子胎児における外性器の発達
思春期〜成人期
テストステロン:精子形成、性欲、筋肉や骨格の発達や維持
DHT:男性型脱毛症、前立腺肥大、ニキビ
テストステロンとDHTの胎児期および思春期から成人期における作用を比較し
たものです。これを見てわかるように、DHTは思春期以降には悪い作用しか起こさない悪玉男性ホルモンだということがわかります。
一方、DHTはI型とⅡ型に分かれていて、それぞれの機能にちがいがあることがわかっていますが、不明な点も多いので、ここではまとめて解説します。DHTはテストステロンから変換されつくられています。このDHTは、男児がお母さんのお腹の中にいる時期(妊娠期)では陰嚢や陰茎などの外性器の発達に関与しています。DHTは思春期を過ぎると、頭部の脱毛(AGA)を引き起こしたり、逆にひげや体毛を濃くしたり、皮脂を過剰分泌させ「脂ギッシュ」にしたり、高齢者では前立腺肥大を発症させたりする、悪玉男性ホルモンです。この悪玉男性ホルモンのDHTだけを抑えることができるのが、フィナステリドという薬、すなわちプロペシアなのです。
前項でもお話ししましたが、成人男性では善玉男性ホルモンであるテストステロンが血中に流れて男性特有のよい作用を起こします、しかし、悪さを行う組織に到達すると、5α-還元酵素(ある生体反応を促進する生体化合物を酵素と呼びます。
その中のひとつ)の作用で悪玉男性ホルモンDHTに変換されます。このDHTが毛乳頭細胞に作用して脱毛たんぱく質を産生し、AGA(男性型脱毛症)を引き起こします。
フィナステリドを飲むと、組織中の5α-還元酵素を阻害する働きにより、テストステロンからDHTへの変換が邪魔されます。これによって、組織中の悪玉男性ホルモンDHTの量が下がって、説毛たんぱく質がつくられなくなり、AGAの状態から解放されるのです。

テストステロンとフィナステリド

テストステロンとフィナステリド

 
フィナステリドによって、悪玉男性ホルモンDHTの値は下がりますが、善玉男性ホルモンのテストステロンは影響を受けません。ただし、生体にはフィードバック機構があり、悪玉男性ホルモンDHTの量が減ると、それを供給する命令が出るので、DHTの前駆物質であるテストステロンの量が微量に増加します。したがって、善玉男性ホルモンが量を増すのです。理論的に考えれば、フィナステリド内服によって男性機能低下症が出現することはないといえます。
プロペシアは、0.2mg錠と1mg錠の2種類が発売になっています。それでは、どちらの処方を受けたほうがよいのでしょうか。
プロペシアは一九九八年に米国で発売されてから現在まで、世界六十数ヵ国で認可販売されていますが、日本以外の国では、プロペシア1mg錠しか販売されていません。さらに、0.2mg錠の副作用と効果のデータは1年分しかなく、1mg錠の両データは3年分以上あります。
私の臨床データから申しあげれば、副作用の差はほとんどなく、効果は1mg錠のほうがあきらかに高いといえます。世界的に見て、日本だけが世界基準とちがう用量の錠剤を販売していることは、なにか珍妙なことに思えてしかたありません。
学術的に解脱する
最近はインターネットの影響で、一般の方もより高度な内容の情報を求めることが可能になりました。しかし、男性ホルモンの代謝には不明な点が多く、インターネット上には誤った情報も流れています。ここでは、現在判明している男性ホルモンの知識についてくわしく解説しますが、わかりにくいと感じられたら、とばして読んでいただいてもけっこうです。
⑴男性ホルモンの分泌制御
薄毛に陥るくわしいメカニズムを解説しましょう。
脳の視床下部で産生された性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は下垂体前葉を刺激し、間質細胞刺激ホルモン(ICSH)を全身に循環する血液中に分泌します。ICSHは睾丸のライディッヒ(Leydig)細胞に作用して、テストステロンの分泌を促進します。
テストステロンの分泌が過剰になると、テストステロンが視床下部と下垂体前葉に負のフィードバック作用をおよぼし、ICSH分泌を抑制し、最終的にテストステロン分泌を抑制します。
また、GnRHの過剰分泌によってICSHの分泌が長期にわたって抑制されることがわかっていて、最終的にテストステロンも長期に分泌抑制されます。したがって、ICSHは適度な分泌濃度で適度なテストステロンの分泌を得ることができます。テストステロンは、このように緻密なメカニズムでコントロールされています。
ところで、女性の体内にもテストステロンは男性の20分の1〜10分の一の量が存在します。これは、テストステロンが副腎でも産生されているからです。
⑵テストステロンの血中内貯蔵
睾丸や副腎から分泌されたテストステロンの約98%は、血液中の性ホルモン結合グロブリン(SHBG)と結合し、結合型テストステロンとなって血液中に貯蔵されます。このとき、血液中の遊離型テストステロン(作用することのできるテストステロン)は全テストステロン中の1.5〜2パーセント存在し、両者は平衡関係(平衡定数が存在する)にあります。遊離型テストステロンが消費され、この平衡関係が崩れると、結合型テストステロンからSHBGが解離し、ただちに遊離型テストステロンを供給可能になります。
この平衡定数には人種間で差があります。
⑶5α‐還元酵素(リダクターゼ)
5α‐還元酵素にはI型とⅡ型が存在します。I型の5α‐還元酵素は、テストステロンをI型のDHTに変換し、Ⅱ型の5α‐還元酵素は、テストステロンをⅡ型のDHTに変換します。5α‐還元酵素の生理活性は不明な部分が多く、テストステロンからDHTに変換されたあとの中間および最終代謝産物の測定で判定されています。この5α-還元酵素を阻害することで、DHTの産生を抑え、毛周期の安定化を促す働きがフィナステリドにあります。
5α‐還元酵素のI型とⅡ型の分布は、それぞれ局在があります。I型は全身に分布していて、前頭部から頭頂部の頭皮の毛包にはH型の5α-還元酵素が存在することがわかります。
⑷テストステロンからDHTへの変換標的組織内において、遊離型テストステロンは5α-還元酵素の働きによってDHTにて変換されます。変換されたDHTの99%は、テストステロンと同じくSHBGと結合体となり、血液中に貯蔵されます。このとき、遊離型DHTと結合体には平衡関係(平衡定数が存在する)があります。血液中の遊離型DHTが消費されると、結合体が解離し、すみやかに供給されます。
⑸I型およびⅡ型のDHT
男性型脱毛にはⅡ型DHTが関与し、体毛やひげの増加にはI型DHTが関与します。フィナステリドはⅡ型の5α‐還元酵素を選択的に阻害するといわれています。I型の5α‐還元酵素の阻害作用は、Ⅱ型の5α-還元酵素の120分の1とされ、ほとんど無視してもよい程度の阻害作用しかありません。
しかし、臨床上は患者さんの多くに、皮脂の産生低下や体毛やひげの伸長低下が起こっています。おそらく、フィナステリドの作用は人種間の差や個人差が大きいうえに、メーカーが公表しているデータは白人のものと思われます。したがって、日本人にはI型の5α-還元酵素の阻害作用もあると思われます。
⑹テストステロンとDHTの作用部位
DHTは標的細胞、男性型脱毛症の場合でいうと毛根の最下部にある毛乳頭細胞に達すると、細胞の核内に侵入し、X染色体上の男性ホルモンレセプター(AR)に結合し、脱毛たんぱく質を産生します。これが、男性型脱毛のメカニズムと考えられています。
ここで注目すべきは、ARにはテストステロンとDHTの両方が結合するということです。DHTがテストステロンよりARに優位に接触するための条件は、核内のテストステロンとDHTの濃度比、温度、phによって決定されています。
この条件の中でいちばん重要なのは、テストステロンーDHT比です。DHTが一定以上に上昇した場合、DHTの作用が前面に出現し、AGA(男性型脱毛症)が進行し始めます。したがって、5α-還元酵素の生理活性が上がれば、DHT濃度も高まり、テストステロンーDHT比でDHTが優位になり、DHTが高頻度でARに作用するようになるのです。この、DHTが上昇する場合を典型的AGAと呼ぶことにしましょう。この典型的AGAはほとんどが10代から30代に発症するタイプのAGAです。
ところが、年齢を重ねると、テストステロンの分泌が低下します。この状態では、テストステロンが低下することによってテストステロンーDHT比でDHTが優位になってARに作用し始め、やがてはAGAに陥っていきます。おおかた、45〜50歳ごろから発症するタイプのAGAで、加齢型AGAと呼んでもよいでしょう。
典型的AGAにくらべ、加齢型AGAではテストステロンーDHT比のDHT移行の程度が低く、フィナステリドの効果が高く表れることが多いようです。若い方のAGAより、中年以降のAGAのほうが治りやすいとは意外な感じですが、実際に治療されている方々は、高齢発症のほうが治りやすいと感じています。
⑺AGAの毛周期の異常
男性ホルモンレセプター(AR)にDHTが感作すると、なんらかの脱毛たんぱく質が産生され、これが毛包に作用することによって、毛周期の短縮化が起こります。正常人の場合は成長期が2〜6年つづき、太く長い毛が伸びますが、AGAの人は成長期が短縮するので、細く短い毛が短期間で抜けてしまい、あたかも薄毛やはげになったように見えてしまうのです。

AGAにはどんな検査をするか

ほかの病気では、血液などの検査をします。このAGAには、なにか検査を行わなくてもよいのでしょうか?
検査でAGAの程度を調べるには、
●フオトトリコグラム(成長期の毛の本数を測定する方法)
●血中のテストステロン濃度、DHT濃度
●毛乳頭細胎内のDHT濃度
●H型の5α‐還元酵素活性
●頭皮の皮膚生検(顕微鏡で観察する検査)
などがありますが、費用と手間がかかる関係で行うことはほとんどありません。一般には、見た目での薄毛具合を観察するだけでじゆうぶんです。しかし、AGAは遺伝的要素で起こると考えられていることから、遺伝子検査は有効な手段になります。この遺伝子検査のひとつが、フィナステリド感受性試験です。
☆フィナステリド感受性試験(AGAチェック)
前項でも説明したのですが、DHTのテストステロンに対する相対的濃度が高まると、ARに結合し、説毛たんぱく質が産生されます。ですから、DHTがARに結合しやすいかどうかの検査をすればよいわけです。X染色体上にあるAR遺伝子は、CAGという塩基の反復箇所をもっています。このCAGの反復数の多い少ないを数えることによって、フィナステリド(プロペシア)の効き目が予想できます。
検査の方法は、診察時に患者さんの後頭部の髪の毛を数本抜いたものを、特別な検査所に依頼して分析します。結果が出るまで約一ヵ月かかります。