やってはいけない育毛法

発毛・育毛法

意外と知らない間違った育毛方法

ブラシなどで頭皮を叩いてはいけない

頭皮を叩くと、組織を傷つけ、頭皮や毛細血管を含む皮下時には破壊してしまう
 日本人は、マスメディアの情報を何の疑いもなく素直に受け入れる傾向が強い。そのため、今日、回復困難な脱毛症を日本にはびこらせてしまったのは、他ならぬマスメディアであるといっても過言ではないだろう。このように書いてしまうとさまざまに反発を受けそうだが、事実なのだからご容赦願いたい。
 その一例が、「ブラシで頭皮を叩くと血行が促進されるので、脱毛予防や育毛促進になる」という見当違いな情報である。
 この情報が氾濫した当時のマスメディアは、ご丁寧にも画面上に頭皮を叩いた場合の血涙の変化を表したイメージ図まで挿入し、いかにも論理的であるかのような解説を示しながら、多くの視聴者に「この方法によってのみ髪の毛は回復する」と信じ込ませた。テレビ画面は予想通り、絶大な説得力をもって視聴者に受け入れられたのであるが、これを実践した人たちの結果は悲惨であった。
 頭皮を叩くと、神経が通っていれば痛みが走る。痛みは、危険を知らせる警告信号であり、身体からの拒否反応を示しているのはいうまでもない。
 たとえば、刃物で指を切ると痛いが、この痛みは、「大切な血液が流れ出した」ことを知らせる警告信号であり、「刃物で切るのを止めるように」という拒否反応なのである。同様に、頭皮を叩いて「痛い」と感じるのも、その原因である『叩く」のはダメという悲鳴であり、否定信号なのである。
 頭皮の下には、柔らかな肉質組織である皮下脂肪組織、毛細血管、毛細神経、毛胞、毛嚢(もうのう)、皮脂穴(ひしあな)、皮脂腺(ひしせん)、汗穴(あせあな)、汗腺(かんせん)、起毛筋(きもうきん)などのさまざまな細胞や機能を内包している。そして、これらを一括して『皮下組織」と呼ぶ。
 皮下組織は、固い頭骸骨と頭皮にはさまれているので、頭皮を叩き続けると、皮下の柔らかい組織が傷むだけでなく、ときには完全に破壊され、やがて皮下組織そのものが回復不能になってしまう。すると、失われた組織に代わって皮膚(頭皮)がしだいに厚く固くなる。
 朝顔の種を鉢に植えると、芽を出した種は土中深く根を張りながら大きくなり、やがて見事な花を咲かせる。しかし、根を張る土がないと朝顔は決して大きく育たない。
 髪の毛も同様で、発毛したうぶ毛が、毛球を皮下組織の深部でふくらませ、栄養補給を受けながら成長する。その肝心な皮下組織が失われてしまった頭皮では、健康な髪の毛が育つはずもなく、髪の毛を蘇生させるのもほとんど不可能に近い。
 ただ、人間の身体には自然回復機能が備わっているので、皮下組織の破壊行為を止め、頭皮の改善を心がければ、改善にともなって皮下組織も回復する。
 回復に要する時間は、破壊の度合いや年齢、体質により個人差があるが、およそ三年から五年の歳月が必要だと考えられる。
 回復はゆるやかだが、焦りは禁物である。皮下組織が復活すると、必然的に髪の毛は再生するので、どんなに重度な脱毛症も必ず改善される。しかしわざわざ痛い思いをしてまで、回復困難な脱毛症を招く必要はない。
 頭皮を叩くなどもってのほかである。
 大事なことは、マスメディアの情報などに振り回されず、発毛や育毛の原理を素直に考えるべきだと思う。

パッティングマシーンで頭皮を叩いてはいけない

 弊社には、毎日さまざまな相談が寄せられているが、たくさんの方から、「毛のブラシと違って、先の丸いゴムブラシで叩くのは?」「おもちやのハンマーで叩くのは?」はては「すりこぎで叩くのは?」といった信じ難い質問が続々と寄せられた。
 近ごろもっとも多いのが、「パッティングマシーン』についての質問である。頭皮面に当たる部分が平たくなっていて、一定の間隔で自動的に頭皮を叩き続ける機械だという。弊社のモニターにも、このマシーンを使用し続けた方がいる。
 弊社のモニターの中に川添幹治さんという方がいる。
 川添さんは、高校三年生のとき教師から「おまえ若ハゲだなあ」といわれ、周囲からは「親父はフサフサだけど、おじいさんはツルツルだろ? おまえの頭は間違いなく隔世遺伝だよ」と決めつけられ、そのころからご自分の髪について悩み始めたとい
 以下はモニター登録時に寄せられたご本人の育毛体験談である。
【川添さんの育毛体験】
 高校三年になった春に、服装検査をかねた頭髪検査が行われました。そのときに、先生に「若ハゲだなあ」といわれて急に気にするようになりました。高校の間は特に何もしませんでしたが、大学に入ってからはいろいろ試すようになりました。
 まず、最初に安くて手に入りやすいK杜の育毛剤「S」を使い始めました。コマーシャルの印象がよく、すっとして気持ちいいので二圭二年ぐらい使いました。
 しかし、「S」のあまりよくない評判を聞き、次に姉からの薦めもあって某杜のシャンプーとリンスを半年〜1年ほど使い、その後、某杜のシャンプーとリンスを半年〜1年ぐらい使いました。
 就職して一年ぐらいたったころに、よく新聞広告に出ていたB杜の無料体験コー
スヘ行きました。プロのやり方に触れ、「これなら大丈夫かなあ」と思ったのですが、値段を聞いたら非常に高いので止めようかと思いましたが、「分割なら大丈夫」などと口説かれ、結局、高額な料金を払ってサロンヘ通うことになりました。
 毎週のようにサロンヘ通い、毎日ではありません(月に七、ハ回さぼる程度)が、マニュアルどおりにこなしました。
 一年ほど経って経過を見ることになって、自分白身は「あまり変わってない」、もしくは「ちょっと後退したかな」と思ったのですが、サロンの人には「髪にコシが出てきた」といわれました。
 「まあ現状維持ができればいいかな」とも思い、その後もずっと続けて行きました。途中で当初の料金分の回数を過ぎたため、毎回実費を払うようになり、止めるに止められないというイヤな状況になってきました。しかし、金銭的にもちょっとつらく、頭髪の状況もまったく変わらないため、二年を過ぎたころから行かなくなりました。
 そのころ、たまたまチラシで見かけた某社のシャンプーとリンス、育毛剤を購入しました。結構よかったので、その後もずっと使うようになりました。
 途中、某社の育毛剤「L」も使いましたが、ベトベト感とキツイ匂いのため、使用を止めてしまい、もとのん社の育毛剤に戻りました。
 その後、姉よりF社の育毛剤のサンプルをもらい使用したところ、それほど匂いもきつくなく、髪になじみがよいため、この育毛剤に落ちついて現在にいたっています。
 一時は現状維持が続いていましたが、転勤や結婚などがあり、ここのところ急に抜け毛が増え、前髪の生え際の後退も目につくようになりました。
 今は半分はあきらめもありますが、半分はわらをもすがる気持ちで、モニターに申し込みました。
 教師の何気ない言葉がきっかけで、髪について悩み始めたという川添さんだが、その悩みがどれほど深いものであったか、右の文章をお読みいただければおわかりいただけると思う。
 川添さんが深刻な脱毛症に陥ってしまった過程は、弊社に相談に訪れる大多数のみなさんに共通するパターンである。予想以上に多くの方たちが、周囲の何気ない言葉や、からかいがきっかけで、あれこれと独自のヘアケアを続けた結果、回復不能な脱毛症を発症させてしまっている。気の毒としかいいようがない。
 その川添さんの前頭部の皮下組織は、ことごとく破壊されていて、髪が作られるために必要不可欠な厚みがほとんどない。モニターになる以前の間違った手入れを前頭部に集中させたためと思われたので、この点を確認したところ、ご本人から、パッティングマシーンの使用歴の報告を受けた。二十三歳ごろの夏、M社の通販で購入したということだが、側頭部は痛みが激しかったのであまり叩かなかったそうで、主に前頭部だけを叩き続けたのだという。
 その前頭部は、31歳という若さを差し引いても、破壊された皮下組織が回復されるまでの時間を予測できないほど、深刻な状態であった。
 
私の経験からいうと、たとえどのようなものであっても、叩くのに用いる器具に問題があるのではなく、叩くという行為そのものが皮下組織を破壊させ、ひいては回復困難な脱毛症を発症させてしまうので、頭皮を叩く行為は、絶対にしないでいただきたい。

皮脂の取り過ぎはあらゆるトラブルの元

 皮脂の取り過ぎは、脱毛症の最大要因となる。
 弊社にメールをくださる方の中には、悪徳育毛サロンに通いつめて、回復困難な脱毛症になってしまった方もたくさんおられる。その中の一人の方は、恵まれた容姿からかえって髪を気にされてしまい、その結果脱毛症を発生させてしまったようだった。
 その方にお話を伺ったところ、内容は他の相談者と大差なかったが、今までに支払った費用が、これまで相談に見えた方々の最高額、600万円を大幅に上回る800万円にものぼるというので、ビックリした。
 ちなみに、育毛サロンなどに通われた大半の方が、200万円以上の費用を支払っている。その中には学生もおり、百敷十万円のローンを組んだという。なんとも豪勢で気の毒な話である。その結果、回復困難な脱毛症となって弊社に相談に来られたのであるが、気の毒を通り越して、かける言葉を失ってしまった。
 みなさんI様におっしやるのが、
 「最初はそれほどひどくなかったが、抜け毛が気になって、脱毛予防の目的でサロンに行ってみた。そこで、拡大スコープを用いた頭髪診断を受けた。画面に大きく写し出された頭皮を見ると、シャンプーした直後なのに髪の根元に皮脂が認められた。さらに、ところどころに、色の薄い髪があり驚いてしまった。《育毛カウンセラー》と称する担当者から『このままでは近い将来必ずハゲになる』といわれた。実際に髪の根元の皮脂や、健康な毛に混ざった細い毛を見てしまった後なので、本当にハゲになってしまうのではないか? と不安でいっぱいになって、いわれるままに高額な料金を払って商品を購入し、サロンに通い、ケアを忠実に実行したけれど、脱毛は止められなかった」というものである。
 まるで、ドラマの脚本を読むような錯覚にとらわれてしまうほどワンパターンな進行であるが、さらに訊ねると、相談者によって支払金額が違うらしく、これはうがった見方をすれば、「入を見て、料金を設定」しているともいえそうである。
 さて、それらのサロンで施されるのが、「育毛の大敵であり、脱毛症の犯人である皮脂を徹底的に取り除く」という作業である。
 サロンによって方法はまちまちで、なかには大掛かりな機械装置に囲まれて、鍋のようなものをかぶせられ、皮脂を吸引するサロンもあるという。
 ともあれ、たとえどのような方法であっても、皮脂を根こそぎ取ってしまえば、いずれ深刻な脱毛症につながる。
 弊社は、ヘアケア商品を、主に個人輸入代行によって商う小さな会社であるが、うれしいことに公募モニターとは別に、自主的に発毛・育毛の経過報告してくださるご愛用者も多い。
この方たちは、フリーな立場でご自分が興味を持たれた事柄について、遠慮のない感想をお寄せくださるので、ありかたいことに私は常に新しい情報を得ることができる。
 その中に、マスメディアの新情報にきわめて敏感な方がおられた。この方はご多分にもれず皮脂の取り過ぎが原因で脱毛症を誘発してしまった方である。困ったことに、いくら説明しても『皮脂の取り過ぎは発毛にマイナス』という事実に対して、抵抗感を拭い去れないようなのである。
 ようやく洗浄力の強いシャンプー剤を使用するのをお止めいただくと、今度は一日に何度もシャンプーをするようになった。それもお止めいただくと、次は高圧水流の力で皮脂を取っているという。
 ご本人は、「今は洗浄力の強いシャンプー剤も使用していないし、一日一回しか洗髪していない。水で皮脂を取り除いているだけで、水なら害がないと思う」と力説する。
 皮脂の役割については、これまでにすでに述べてきたので、ここでは省略させていただくが、その頑固なまでの思い込みを実際にくつがえすには、なかなか根気を要する。
「育毛サロンでプロに取っていただくのは大丈夫ですか?」
「育毛サロンでもらうシャンプーなら皮脂が取れても大丈夫ですか?」
「シャンプーでなければ皮脂を取っても大丈夫ですか?」
 などなど、手を替え、品を替えて新たな方法を試されるが、手段や方法に関係なく、皮脂を取り除いてはならないのである。この方の頑固なまでの思い込みの根源にあるものは、育毛サロンで見せつけられた拡大スコープに写し出された映像に起因すると思われるが、そもそも頭皮診断(スコープによる)など受ける必要はないのである。
 しかし、自分の頭皮がどういう状態なのか知りたいと思うのも人情である。そこで、頭皮診断を受ける方は、悪徳業者などに馴されないように、スコープに細く透明な髪が写し出されたり、髪の根元に皮脂が絡みついていても、それが脱毛症とは無関係であるという事実をぜひ知っておいていただきたい。
 試しに、五歳の健康な児童の頭皮をスコープで拡大して見ると、髪の根元に皮脂がしっかりと確認できるし、細く透明な髪もいたるところにある。これらはきわめて健康な頭皮にも存在するもので、決して脱毛に結びつけて考える必要はないのである。
 ①洗浄力の強いシャンプー剤を使用する
 ②一日に何度もシャンプーする
 ③悪徳育毛サロンなどで皮脂を根こそぎ取り除く
 ④高圧水流などで皮脂を取る
 ⑤シャンプー前に皮脂を溶かす
 などなど、あらゆる方便や方法が考案されているが、方法のいかんを問わず、皮脂を取り過ぎると、確実に脱毛症を引き起こすので、くれぐれもご留意いただきたいと思う。

薬草や果汁などの頭皮への塗布は脱毛を促進

 前にも書いたが、私たちの頭部を覆っている髪の毛は、急激な温度差や衝撃から脳を護る役割の他に、体内に入り込んだ毒素などを排泄する役割も担っているので、頭皮下には、髪の毛とともに体外へ排泄されるべき「毒素』も集められる。
 そのため、長年習慣的に薬剤や健康食品などを飲み続けたり、肌によくない成分で構成された育毛剤などを使用された方の頭皮下には、驚くほど多量の不純物が集積されている。
 これらの不純物は、本来なら、成長する髪の毛とともに体外へ排泄されるはずなのであるが、集積される量が排泄機能を上回ると、頭皮下に蓄積されてゆく。
 この蓄積された不純物は、毛母細胞にとっては正真正銘の毒素であり、髪の成長を阻害するばかりか、深刻な脱毛症を発症させてしまう。そして、その後の発毛・育毛までも非常に困難な状態にしてしまうのである。
ある人に、「人に勣められて、酢やエタノール(原液)などを塗ったり、赤外線を当てたり、氷で冷やしたりしましたが、自分でも頭皮が固くなってしまったのがわかる」といわれた。
 これには正直いって困惑した。エタノールの原液などを頭部に塗りつけたままで、ライターの火などに近づいた場合、炎上する危険もある。そのような間違った情報を何の疑いもなく実行してしまうご当人にも問題はあるが、何の裏づけもない情報を無責任に流すメディアの姿勢にも憤りを覚えずにはいられない。
 この方ばかりでなく、メディアの情報に惑わされて見当違いな方法を実行されている方は実に多い。
 「唐辛子、マスタード、明徴などの刺激物を塗りつけて、頭皮の血行を促すとよい」
 「髪によいミネラルを多量に含む天然の祖塩で頭皮をこするとよい」
 「昔から髪によいといわれるワカメを潰して塗るとよい」
 「アワやキビなどの穀物エキスや、茸類のエキスを塗るとよい」
 などなど、事実に反する情報をまことしやかに流すなど、無責任も甚だしい。この 邸‐‐‐‐‐
ように頭皮を汚すだけのものを塗りつけてみても、育毛効果があらわれるはずもない。
そればかりか、毛母細胞の呼吸困難を招いて、かえって回復困難な脱毛症を招いてしまうのは明白である。
 また、ヨモギ、どくだみ、センブリ、スギナ、ユーカリ、カミツレ、クレソン、ローズマリーなどのハープや薬草を潰して、その汁を直接頭皮に塗布した場合も同様の結果があらわれる。
 これまでにも述べてきたが、おおかたの日本人は、電波からの情報を素直に信じてしまう傾向が非常に強い。脱毛症に限っていえば、大部分の方がテレビから送り出された間違った情報を鵜のみにしたことが原因で、自ら回復困難な状態を招いてしまっているといっても過言ではない。
 その典型的な例が、前述の『頭皮を叩くとよい』というとんでもない情報である。
この一例をもってしても、メディアが送り出す情報は、必ずしも真実ではないとおわかりいただけると思う。
 前述の他にも「ミカン、キンカン、カリン、リンゴなどの果汁、あるいはアロエなどを頭皮に塗りつけると育毛によい」という情報もあるが、これもとんでもない情報である。
 一般に『薬』といえば生薬を除いた製剤を連想されるが、薬草は『毒を以て毒を制する」ものであることを理解していただきたい。
 たとえば、古くから「医者要らず」の異名で知られるアロエは、すり傷、火傷などの外傷のみならず、胃腸薬としても抜群の効果を発揮する、「一家に一鉢」は備えておきたい万能植物ともいわれている。
 だが、このアロエでさえ「育毛効果がある』と信じて毎日頭皮に塗り続ければ、薬効成分が徐々に毛母細胞を弱らせ、脱毛症を確実に進行させる。さらに乱用すれば皮膚の抵抗力が低下し、自然治癒力まで弱らせてしまう。アロエは妊婦が服用すれば流産を引き起こす怖れもあるくらい、作用の強い『毒草」であると認識すべきである。
 私たちは、自然界に繁茂する薬草といわれるものであっても、用途を間違えると毒草になってしまう事実を、しっかりとわきまえなければならない。
 髪の毛は、人体になくてはならない大切なもので、本来なら、人が生を終えるまで決してなくなるものではない。したがって根拠のない風説に惑わされることなく、頭皮をいつも清潔に保っていれば、髪の毛はいつまでも健康な状態でいられるのである。闘
わざわざ無駄な努力をしてまで脱毛症になる必要はないのである。

頭皮への過剰なマッサージは脂性を促進

 脱毛症に悩む方々の間には、『頭皮にマッサージを施すと育毛によい』といった風説が、相も変わらずはびこっている。これもまた、テレビCMなどに影響された結果であるが、その根拠としては、「マッサージを施すと血流が促進され、毛根への栄養補給が行き届きやすくなる」というものである。
 確かに、人体には皮膚マッサージを施すことによって、血流がよくなり、身体のトラブルを解消させることも多々ある。手足の冷えなどはその代表的なものであるし、打ち身なども打撲直後にマッサージを施すと、その後の治癒を早めることができる。私たちの身体は本能的にそのことを知っており、手指が冷えると両手をマッサージ(こすり合わせ)するし、額などをぶつけると、反射的にぶつけた箇所をさするのもそのためである。
 しかし抜け毛が発生しても、反射的にその箇所を探したり、探り当ててその部分にマッサージを加えることなどはしない。少々乱暴ないい方をすれば、前述のように本能的な反応がないこと自体、マッサージが脱毛症に有効だとはいえないのである。現実に頭皮をマッサージしても脱毛症の解消にはつながらないし、かえって脱毛症を促進させてしまうことにもなりかねない。
 両手足をこすってみるとわかるが、マッサージをすると摩擦で熱が発生する。これと全く同じ理屈で、頭もマッサージをすると頭皮の皮膚温度が上昇するばかりでなく、強くこすり続けると皮膚がすりむけてしまうこともある。
 すると身体は、マッサージによって発生するこれらのトラブルを防ぐために、人体の保護機能を作動させ、急激に皮脂と汗を分泌させて保護膜(皮脂膜)を形成する。
 つまり、マッサージをし過ぎると、皮脂が必要以上に分泌されるわけである。それだけではない。毎日のようにマッサージを続けると、頭皮を次第に厚く固くさせて、脳という生命の中枢を護ろうとする。頭皮が厚く固くなると、新毛が生えにくくなってしまうだけでなく、皮膚呼吸もできにくくなるので、現在生えている毛も次第に細くなるという悪循環に陥る。皮膚呼吸によって供給される酸素は、髪の成長に欠かせない絶対条件の一つである。したがって、毎日頭皮への過剰なマッサージを続けると、結果として逆に脱毛症を促進させてしまうのである。
 健康な髪の毛を保つためには、頭皮への過剰なマッサージは決して必要ではないし、むしろ不必要な行為だといってよい。
マッサージをし過ぎると、頭皮が摩擦で熱を持つため、皮脂の分泌が促進されたり、摩擦によって皮膚が厚く固くなってしまう頭皮を護るために、皮脂の分泌が盛んになる

育毛剤を強制的に浸透させる器具を使って深刻なハゲになる

 主に高級フランス料理に利用されるフォアグラは、キャビア、トリユフと並んで世界三大珍味のIつといわれている。
 美味しいフォアグラは、肝臓肥大という病に侵されてしまったガチョウやアヒルの肝臓であるが、自然界に生息するガチョウ、アヒル、そして農家などで家畜として飼われているガチョウやアヒルが肝臓肥大に侵されることはまずない。では、肝臓肥大という病気のガチョウやアヒルはどうして存在するのか?
 大辞林(三省堂)に、フォアグラは『肥育したガチョウの肥大した肝臓』と筒単に紹介されている。その育て方は、まず、ガチョウやアヒルの卵をかえして三ヵ月ぐらいまで普通に飼育する。次に、運動ができないような狭い檻に入れ、口からチューブを差し込み、食欲などおかまいなしに餌のとうもろこしを強制的に食道へ流し込む。するとガチョウやアヒルは際限なく大り出し、それにともなって肝臓も徐々に肥大する。やがて自力で動けないほど肥大したガチョウやアヒルの肝臓を、ころ合い(病死寸前の状態)を見計って取り出したのが、フォアグラなのである。この強制餌付けをガヴァージュという。フォアグラは、ガチョウやアヒルが「もう食べられない」という本能的な拒絶を全く無視して、餌を無理やり与え続けた結果、通常の五〜六倍、ときには十倍くらいにも大きくさせた肝臓なのである。
 このところ弊社では、頭皮がブヨブヨになってしまった方たちの相談が目立つようになった。懸念すべき事例だが、頭皮下に大量の「水分(育毛剤などの成分のようである)』を溜めてしまったのが原因で、脱毛症を促進させてしまったと思われる方たちで、伺ってみると、みなさん一様に、最近育毛サロンや通信販売などで、『育毛剤を強制的に浸透させる」ための電気器具を購入されて、熱心に使用されている方たちだった。
 一枚の巨大な皮膚で覆われているわたしたちの身体は、その皮膚が強力なバリアーの役割を果たしていて、本来なら酸素以外の異質物が入らないようになっている。ではなぜ、この方たちの頭皮下に大量の水分が入り込んだのか?
 答えはこうである。
 「脱毛不安を自覚し、育毛サロンを訪れたところ、スコープを使用した頭皮診断をされた。大写しにされた頭皮の映像には、シャンプーをしたばかりなのに、皮脂が確認され、いたるところに細い毛が見られた(注‥細い毛は生え出て間もない新毛であり、健康な状態の頭皮にも当然見られる)。すると診断士から、「このまま放置すると近い将来ハゲになる』と不安感をあおられる。
 そこで髪と頭皮についての正しい知識を持たなかった相談者は、勧められるまま、《細くなった毛を太くするために、育毛効果の高い液体を購入して、有効性分を効果的に浸透させる電気器具を用いて強制的に頭皮下に入れ込む》というケアを続けたところ、頭皮は柔らかくなったが、脱毛症がひどくなった」
 というのが、みなさんの共通した経緯である。先に紹介したワンパターンの進行と酷似しているが、これまでと違って、皮膚のバリアー機能を破り、頭皮下に強制的に不純物を入れ込んでしまった相談者の脱毛症は、一段と深刻な状態になってしまっていたのである。
 こうした経緯からいえることは、皮膚が持つ強力なバリアーを人為的に破り、皮膚を通してさまざまで余分な成分を体に送り込むと、体に吸収されないまま頭皮下に溜まり、脱毛症などのトラブルにつながる危険性が高いということである。これはガチョウやアヒルの口をこじ開けて無理矢理餌を流し込み、肝臓肥大症にさせるのと同じような理屈である。
 毛周期によって常に新毛が生え出る健康な頭皮に、細い毛があるのはきわめて自然な状態で、細く透明な毛は、生えて間もない毛なのである。それなのに、神経過敏になって、体の拒否機能を無視してまで育毛剤を強制的に浸透させると、結果として、深刻な脱毛症になってしまう。相談者の頭皮の状態から判断する限り、育毛剤浸透器具は、安易に使用してはいけない。