AGA治療・自分でできること

AGA治療・自分でできること

私は32歳のときにAGA(エージーエー)と言われる男性型脱毛症により前頭部かM字に、頭頂部が円形にハゲてしまいました。完全なツルピカではありませんでしたが地肌が完全に見えてしまっていたので、誰が見ても「若いのにハゲている人」になっていました。父親も祖父も薄毛でしたので覚悟はしていましたが、それにしても早すぎました。そこで改善をするために色々と調べてみたのですが、それなりにお金がかかるということが分かりました。あまりお金もなかったのでできれば安くハゲを改善したいと考え自分なりの方法を試してみました。その結果、3ケ月ほど経ったあたりから少しずつ髪が濃くなり、1年も経たないうちに正常な状態に戻すことができました。月に1、000円ちょっとの出費はありましたか、それ以外は全て無料で行えることだけです。ハゲを改善したいと思っているけれど、お金は掛けたくないとう人かいたらぜひ、ここで紹介している方法を参考にしてみてください。
AGA治療薬の通販は、こちら→お薬館
AGA治療薬の通販は、こちら→エイビスドラッグ

ハゲの基礎知識

ハゲを治そうと考え、一番初めにしたことはハゲについて徹底的に学ぶということでした。ハゲる仕組みや原因か分かれば自分でも対策することかできると思ったからです。インターネットや書籍から髪の毛か薄くなる仕組みについて調べました。その結果、どうやら自分はAGA(エージーエー)であるということか分かりました。AGAは前頭部や頭頂部がハゲると書いてあり、まさに自分かそうだったからです。テレビのコマーシャルなどでもよく聞く名前ですか、世の中のハゲの多くはこのAGAのようです。ある病院の調査から導き出される数字によると日本国内では1200万人以上かAGAを発症しているそうです。AGA以外のハゲにはヘルメットなどで擦れてハゲる「機械性脱毛症(圧迫性脱毛症)」や「10円」ハゲと言われる円形脱毛症などがあります。AGAでハゲる仕組みは男性ホルモンか大きく関係しています。男性ホルモンの一種であるテストステロンか5αリダクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンに変換されます。ジヒドロテストステロンが毛乳頭の受容体と結びつくことによって、TGF-βというタンパク質が生成されます。このTGF-βか、毛母細胞の働きを抑制することで髪が生えなくなってしまうのです。そのため多くの育毛剤やサプリメントは5αリダクターゼを抑制し、ジヒドロテストステロンを発生させないことに主眼を置いています。
ハゲと遺伝の関係
ハゲは遺伝するというのは本当のことのようです。テストステロン(男性ホルモン)の多い人はハゲやすいと言いますが、テストステロンが多くてもそれをジヒドロテストステロンに変換させる5αリダクターゼが少なければハゲません。そしてこの5αリダクターゼの分泌量は遺伝によるものか大きいそうです。またジヒドロテストステロンが発生しても毛乳頭や毛母細胞に影響を与えにくい人もいます。この影響の与えやすさ(感受性)も遺伝によるものか大きいと言われています。これは母親の父親、つまりは祖父から遺伝するという説があります。「ハゲは一代飛ばして遺伝する」と言われるのはこの事が原因のようです。私の場合は父親も祖父も薄毛でしたのでハゲる素養は元からあったと言えます。このほかにも色々と調べた結果、髪の毛を生やすには、①5αリダクターゼの抑制、②血行改善、③頭皮環境の改善、の3つが重要であるということか分かりました。なのでこの3つを重点的に対策をしていくことに決めました。

自分で安いサプリメントを組み合わせる

ハゲを改善するためにはジヒドロテストステロンを抑制して、乱された発毛サイクルを日常に戻す必要があります。ジヒドロテストステロンを抑制するには、変換酵素である5αリダクターゼの分泌量を抑えることか最も効果的です。5αリダクターゼの分泌量を抑えるための育毛サプリメントがたくさん売っていましたかどれも、1ヵ月分で1万円前後します。生えるまでにどれくらいの期間がかかるか分かりませんのであまりお金をかけるつもりはありませんでした。そこでそれぞれのサプリメントの含有成分を調べたところ、どれも同じような内容であるということか分かりました。具体的にはノコギリヤシエキスと亜鉛です。ほとんどの育毛サプリメントはこの2つか含まれています。その他にもビタミンやコラーゲンなどを配合してオリジナリティーを出していましたが、必ず入っているのがノコギリヤシエキスと亜鉛なのです。それぞれの効果を調べてみるとノコギリヤシには5αリダクターゼの分泌を抑える役割、亜鉛にはタンパク質が髪の毛になるのを補助する役割かあるということか分かりました。なのでこの2つを市販の安いサプリメントで補うことにしました。ノコギリヤシは「小林製薬の栄養補助食品ノコギリヤシ」を通販で1、000円ほどで買いました。亜鉛は「ネイチャーメイド亜鉛」を500円か600円ほどで通販で買いました。どちらも60粒人りなので1日2粒でちょうど1ケ月分です。これを毎日、朝と寝る前の2回に分けて1粒ずつ飲み続けました。ハゲを治すためにかけたお金はこれだけです。
他にも同時進行で色々なハゲ対策を行いましたので、どれが効果があったのか断言はできないのですが、おそらくサプリメントが最も効果があったのではないかと思います。
1日1食にする
バランスの偏った食事は髪に必要な栄養か足りなくなるだけではなく、血行を悪くしたり、毛穴から余分な皮脂が出てくる原因になります。私は一人暮らしのため朝は食べずに、昼と夜はコンビニかファミレスで過ごすという生活を送っていました。その生活を続けていると、ますますハゲが進行してしまうと考え、食生活を見直しました。まず、夜は自炊をすることにしました。米を炊いて、野菜や豆類を多く摂るように心がけました。特に髪に良いとされる納豆やホウレンソウを良く食べていました。夜はそれでなんとかなりましたが昼はどうすることもできません。会社の近くに健康的な定食を出してくれるお店はありませんし、お弁当を持参する勇気はありませんでした。なので食べないことにしました。コンビニやファーストフードで不健康な食材を体内に入れるくらいであれば食べないほうが良いと考えたからです。最初の数日間はお腹が空いて大変でしたがすぐに慣れました。昼食を食べないことで午後の眠気か襲ってくることもありませんでしたし、仕事の集中力も増しました。それにお金が貯まるようになりました。ワンコインランチなどと言ってもおかずを追加したりコーヒーを飲んだりすれば1000円近くはかかってしまいます。昼食を食べないことでお金の減るペースが遅くなりました。
さすがに上司に誘われたときは断りませんでしたが、それでも昼食を食べたのは月に1度か2度くらいでした。ちなみに会社か休みの土日も食べなくなりました。朝はどうしてもお腹が減っている場合のみ豆乳を飲みました。後で知ったことですがお医者さんの中にも健康のために1日に1食しか食べない人がいるようです。

シャンプーを使わずに髪を洗う

市販のシャンプーには合成界面活性剤という物質が含まれています。界面活性剤というのは水と油のように本来は混ざらないもの同士を混ぜるために使われるものです。シャンプーやリンスだけではなく、女性の化粧品やクレンジング剤にも含まれています。この合成界面活性剤は髪の毛の主成分であるケラチンにダメージを与えると言われています。また浸透力が高いので頭皮の奥深くまで入り込んで組織を破壊する可能性があります。合成界面活性剤ではなく、刺激の少ない低界面活性剤を使用しているシャンプーも通販で買うことは可能ですがセットで8、00011」くらいします。さすがに高いと思ったのでなんとかする方法はないかと色々と調べていたら、「ホームレスにハゲが少ないのはシャンプーを使っていないからだ」という記事を書いているサイトをいくつか発見しました。確かにホームレスの人は高齢の人でも髪の毛がフサフサの人が多い気がします。さらに詳しく調べてみると髪の毛や頭皮の汚れはぬるま湯で洗うだけでも取れるということが分かりました。シャンプーは洗浄力が強すぎて本来必要な皮脂まで洗い落とす可能性があるそうです。そうすると肌を保温するために余計に皮脂が分泌されて毛穴を詰まらせる原因になるそうです。つまり髪の毛にとって最も良いのは、低界面活性剤を使用しているシャンプーを使用することで、何の影響も与えないのがお湯だけで洗うこと、悪影響を与えるのは市販のシャンプーを使うこと、ということになります。なのでシャンプーを使うのを止めてお湯だけで洗うことにしました。
しかし3日ほど経つと髪の毛がべ夕ついているような気がしました。おそらく気のせいだとは思うのですか、何となくスッキリしないのです。そこで、お湯で3日洗ったら、4日目はシャンプーを使うというペースに変えました。シャンプーを使う頻度を減らしたことで髪の毛にコシが出てきたような気がします。
正しいドライヤーのつかいかた
シャンプーのやり方だけではなくドライヤーの使い方も変えました。それまでは風呂から上がったらタオルでゴシゴシふいて、一番強い温風で乾かしていました。しかしその乾かし方では髪の毛と頭皮にダメージを与えてしまうのです。まず髪の毛をタオルで拭くときはゴシゴシ擦らずに、そっと当てるようにして水分をふき取ります。冷静に考えれば美容室でゴシゴシ拭いたりはしません。その後弱いほうの温風で水気を飛ばします。このときもドライヤーを近づけすぎたり、ずっと同じ場所に当て続けないように注意します。髪の毛から変な臭いがしてきたら、髪の成分であるケラチンに含まれる硫黄分か解けた証拠ですので確実に髪は傷んでいます。温風である程度乾かしたら最後は冷風で仕上げます。髪の毛の一番外側にあるキューティクルは魚のうろこのような形状をしており、30度から60度の熱で開くと言われています。ドライヤーの冷風を当てることで開いたキューティクルを戻して髪の内部の水分か蒸発しすぎないようにします。自分はしていませんでしたが、自然乾燥も、キューティクルを開きっぱなしにしてしまうので、髪にはかなりダメージを与えてしまうようです。ドライヤーの方法を変えたことがハゲ改善にどれだけの効果があったのかは分かりませんが、もともとクセが強かった髪がセットしやすくなりました。

射精・オナ禁について

下ネタになってしまいますが「オナニーをするとハゲる」という噂を聞いたことかあったので、これについても色々と調べてみました。その結果私か、分かったことは「オナニーはし過ぎても、しなさ過ぎてもハゲる」ということです。射精をすることで亜鉛やタンパク質が体内から放出されます。これらは髪の毛にとっても必要な栄養分です。不足してしまうと髪の毛を作る環境か乱れてしまいます。なのでオナニーに限らず、セックスでもし過ぎてしまうとハゲるのです。実際にAVに出演している男優さんは亜鉛を摂取している人が多いようです。それでも一定数の若ハゲの男優さんがいるのは射精が髪の毛に影響を与えているという証拠なのではないかと思います。反対に長期間、禁欲を続けても良くないということか分かりました。というのもハゲの原因になるジヒドロテストステロンの元であるテストステロンは、禁欲中にも大量に分泌されるということか分かっているからです。長期間に渡って射精をしないでいると、テストステロンが酵素によってジヒドロテストステロンに変換されてしまうリスクもあるのです。いろいろと調べた結果、射精の頻度は週に1度か2度くらいか調度良いのではないかと思います。

育毛・発毛効果について

今まで説明してきたことを同じ時期に開始しました。効果としては最初にシャンプーとドライヤーのやり方を変更したことによる変質の改善が見られました。2週間ほどで残っている毛にコシが出てきました。また昼食を食べなくなったことで仕事中の集中力か上がりました。髪の毛が生えてきたのを実感したのは3ケ月くらい従ってからでした。頭頂部のあたりの地肌がだいぶ隠れてきたような気がしました。それと爪や鼻毛の伸びが?,くなりました。爪も髪もケラチンというタンパク質で作られているので、サプリメントで栄養を摂ったことが影響したのだと思います。半年経ったあたりで、髪型を工夫すればハゲに見えないくらいまでになりました。その後はあまり意識しなくなったのではっきりとした期間は覚えていませんが、およそ10ケ月くらいで正常な髪の状態に戻ったような気がします。現在もハゲ対策は継続していますか、ハゲる前よりも濃くなるということはありません。ハゲ対策をしてもすぐには効果か表れないので心配になりますか、少しでも改善の兆しか見えると一気に気持ちか楽になります。発毛には個人差かありますので、ここで紹介した方法で全員に効果が表れるとは限りませんが、私と同じように改善できる人もいると思いますのでぜひ挑戦してみてください。
 
AGA治療薬の通販は、こちら→お薬館
AGA治療薬の通販は、こちら→エイビスドラッグ
 
.