オーブンレンジで簡単! 手間いらず! 家で絶品ローストビーフ

【マロン直伝☆季節のモテレシピ Vol.4】 休日の午後は、見た目も優雅でスタイリッシュな一品でおもてなしを♪

フードスタイリスト・マロンさん直伝の絶品レシピで、本格ローストビーフを自宅でつくっちゃおう!

フードスタイリスト・マロンさんが絶品モテレシピを伝授するシリーズ第4弾は、ローストビーフをご紹介。日本ではホテルやお洒落なレストランで食べるイメージの強いローストビーフですが、本場イギリスでは日曜の午後に家で楽しむ伝統的で一般的な料理。実は意外と簡単で、手間をかけずにおいしく作れるんです! 見た目のインパクトも絶大で、オシャレに盛りつけ振舞えば、「すごい!」の反応間違いなし! 目の前で切り分ければ、ちょっとした“ショー”としても楽しめます。コストパフォーマンスならぬ、“手間パフォーマンス”抜群の一品♪ お盆は過ぎたけれど、大型連休など、まだまだ人の集まる機会が続くこの時期。絶品ローストビーフをパーティーメニューのレパートリーに加えれば、友人や恋人から“モテる”ことうけあい♪
それではマロンさんのカンタンレシピ、お楽しみください!

本格ローストビーフ、自宅でもつくれるんです!

一見、難易度の高そうなローストビーフですが、実は作り方はとってもシンプル。ちょっとしたコツさえつかめば、どなたでも本格的なローストビーフがつくれます! 今回は、基本をおさえた初心者向けレシピをご紹介。肉の塊をたこ糸で巻いたり、野菜をこしてグレイビーソースをつくったり、焼きあがったお肉をアルミホイルでくるんだりと、料理する様はまるで三ツ星レストランのシェフ気分! 友人や彼女に振る舞えば、「コイツ、こんなに料理できたのか…」と驚かれることも間違いなしです! もちろん、味も超絶品。ホテルでいただくような本格ローストビーフ、ぜひお試しあれ!

レシピ(材料6人分)

牛もも肉(ブロック)……800g
オリーブオイル……適量
塩・粗びき黒こしょう……少々
香味野菜(くず野菜)……適量 ※セロリ、にんじん、玉ねぎ、パセリの茎などの、いつもは捨てるような部分を取っておいて使用
ローズマリー……2本
★自分で育てたローズマリーを使うのもおすすめ!

[グレイビーソース]
赤ワイン……1/2カップ
ウスターソース……大さじ1
トマトケチャップ……大さじ2
ブイヨンキューブ……1個
はちみつ or 砂糖……少々
塩・粗びき黒こしょう……各適量

[付けあわせのサラダ]
アスパラ……10本 ※根本の固い部分を切り落とし、下の部分をピーラーでむく
ズッキーニ……1本 ※1センチ幅の輪切りに
ラディッシュ……5個 ※5ミリの輪切りに
オリーブオイル……適量
バルサミコ酢……適量
塩・粗びき黒こしょう……各適量
パルメザンチーズ……適量 ※すりおろす

作り方

【1】
牛もも肉は、調理を始める2時間前に冷蔵庫から出して、室温にもどしておく。水分が出てくるのが気になるようだったら、厚手のペーパーで巻いておく。

ポイント
肉が冷えたままだと、肉の中心まで火が入りにくい!

【2】
牛もも肉全体に塩・こしょうをふり、よく揉み込んで、たこ糸で縛り、肉とたこ糸の間にローズマリーを挟み込む。

【3】
フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、【2】を強火でまんべんなく、トングなどで押さえつけながら焼き、全体に焼き色をつける。

【4】
【3】を天板にのせ、香味野菜を周囲に散らして、オリーブオイル大さじ2を回しかける。

【5】
【4】を160℃に熱しておいたオーブン下段で30〜40分焼く。肉を焼いている間に付けあわせのサラダの準備に取り掛かる。

【6】
肉が焼きあがったら、全体をアルミホイルで二重にくるんで20分ほど置いておく。

ポイント
アルミホイルで丁寧にくるむことで肉汁をキープ!

【7】
グレイビーソースを作る。肉を取り出した後のくず野菜をザルでこしてヘラなどでおさえて小鍋にうつし、赤ワインを加えて煮詰める。さらに、ウスターソース、トマトケチャップ、ブイヨンキューブ、はちみつまたは砂糖を加えて、つやが出るくらいまで煮詰める。塩・こしょうで味をととのえる。

【8】
【6】の粗熱がとれたら、たこ糸とローズマリーをはずす。

【9】
ローストビーフを薄切りにして、器に盛りつけ、付けあわせのサラダ、ローズマリー、タイムを添えてグレイビーソースをかけていただく。

付けあわせのサラダ

【アスパラ】
アスパラをさっと塩ゆでし、氷水に落として水気をふき取り、1/2の長さにカットする。

【ズッキーニ】
フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱して、輪切りにしたズッキーニを焼く。塩・こしょうで味をととのえる。

アスパラ、ズッキーニ、輪切りにしたラディッシュをボウルに入れ、オリーブオイル、バルサミコ酢、塩・こしょうで味をととのえる。最後にパルメザンチーズをふりかける。

マロンのワンポイントアドバイス

お肉の塊を丸ごと焼くローストビーフは、おもてなし料理のキングでもあります。この一品で一気に場が華やぎますから、ぜひとっておきのホームパーティーにご活用下さい☆ 焼きあがったお肉はすぐに切らずに、アルミホイルにくるんで20分ほど置いておくことが大切。すぐに切ってしまうと、美味しい肉汁が逃げてしまいますよ〜! その後、最近流行りのカッティングボードの上で付け合せの野菜と一緒に上手に盛り合わせたらオシャレ度もアップ♪ また、大皿やボードにダイナミックに盛りつけるのもオススメ。ぜひ、やってみてください。

マロン
大阪あべの辻調理師専門学校を首席で卒業し、料理研究家、インテリアスタイリストのアシスタントを経験後、1983年に日本でのフードスタイリスト第1号として独立。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、新聞、広告、イベント、講演会等、あらゆるメディアを通して美味しい料理、料理の楽しさを提案し、第一線で活躍し続けている。
オフィシャルサイト「マロンズネット」

    

新着情報

  • 2017.04.05

    ゴールデンウィーク中のお届日指定につきまして

    4月27日~5月7日にいただきましたご注文については、最短で12日後のお届けとなります。

    ご不便をおかけしますが、予めご了承の上でご注文いただきますようお願い致します。

一覧を見る