40歳までに必ずしたい、お金と人生の10のこと【後編】

“する”と“しない”じゃ全然違う! 男の正しい40歳の迎え方!「マネープラン」編

マネーのプロが語る、30代のうちにこれだけはしておきたい10のポイント

「人生をアクティブに生きるためのお金の知恵」をテーマに、全5回にわたって紹介するファイナンシャルプランナー山崎俊輔氏の連載第5弾。最終回となる今回は、前・後編の2部構成でお届けします。前編は将来を見据えたキャリアプランとお金の関係をお話しましたが、後編は、より具体的な“マネープラン”についてのお話です。
前編はこちら。

山崎俊輔
1972年生まれ。中央大学法学部法律学科卒。AFP、消費生活アドバイザー、1級DCプランナー。企業年金研究所、FP総研を経て独立。商工会議所年金教育センター主任研究員、企業年金連合会調査役DC担当など歴任。退職金・企業年金制度と投資教育が専門。

30代をどう過ごすかで、その後の人生が大きく変わる

40歳は人生の大きな節目といえます。平均寿命を考えると40〜45歳がほぼ折り返し地点ですし、ビジネスキャリアにおいても40代前半がほぼ中間地点にあたります。ですから、ここまでの時間を有意義に過ごした者が、これからの人生をより豊かで濃密なものにすることができると言っても過言ではないでしょう。今回は、より具体的なお金にまつわる話を紹介していきたいと思います。

6. 社内持株会やストックオプションで、自分も財産も成長させる!

大企業では社内持ち株会、ベンチャー企業ではストックオプションを提供する会社が多いのではないでしょうか。

こうしたチャンスは積極的に活用したいものです。社内持ち株会は奨励金がつくことも多く、その分格安で自社株を買えたのと同義と考えられます。ストックオプションも有利な購入条件を提示するケースが見受けられます。おのずと、働くモチベーションも高まることでしょう。

もちろん、所属する会社が成長することが大前提ですが、「自分と会社の成長がシンクロし、さらに財産も増える!」というストーリーになればこんなに嬉しいことはありません。

ただ、後生大事に持ち続けた自社株が定年退職直前に暴落する、なんてことがあれば笑い話にもなりません。売れるチャンスがあれば手放すことも忘れずに。

7. 失敗は成功のもと! ネット証券で“習うより、慣れろ”を実践せよ!

これからのビジネスパーソンは、基本的に投資スキルを身につけなければならないと私は考えています。リアルな投資経験を積むことは、マネーを通して世の中をみる、生きた経済と触れる好機でもあるのです。

投資は知識よりも、実際の経験がモノを言います。“習うより、慣れろ”の世界です。金額は小さくてもいいので、ネット証券に口座を開き、30代のうちに売買経験を積んでおくことをおすすめします。投資をなるべく早く経験し、お金に対しての勘をレベルアップさせておくことで、投資との向き合い方が全然違ってきます。

特に、「損失を出した(もしくは怖くて売ってしまった)」「元本割れをした(もしくはガマンしていたら値が戻った)」という経験を若いうちに積んでおくと、投資家としても成長することができます。

ちなみに、ネット証券口座を作るときには、NISA(少額投資非課税制度)の口座も開設しておくとよいでしょう。NISAは年間100万円までの投資元本についてどんなに儲けても非課税となる特別口座です(2016年には年120万円に拡充予定)。国がわざわざ投資をする人の税率を軽減してくれるのですから、使わない手はありません。

8. 「こだわる消費」と「こだわらない消費」を整理せよ!

趣味の知識は人生を豊かにするものですが、そこに経験が伴うことで、より強固な武器となります。実践経験が豊富になればなるほど、いざというときの判断をより正確に行えるようになるのです。20代、あるいは独身でお金に余裕があるうちに、自分が好きな世界で良いものにたくさん触れることが、物事の真贋を見抜くことができる「違いのわかる大人のオトコ」への近道です。

しかし、実践経験を得るためだ!と散財しすぎて、蓄えがゼロになってしまったら元も子もありません。そう遠くない将来に結婚して子どもを持つ可能性も考えて、慎重にお金の使い道を選びたいところ。

そこで、おすすめしたいのが『消費にラベリング』をするという発想です。 自分にとって譲れない「こだわる消費」と、リーズナブルでもかまわない「こだわらない消費」を整理することで、本当に使いたいものにかけられるお金が明確になるのです。この手法を使えば、自分の興味のある分野では、“本物”に触れることができますし、お金の使い道に指針ができるわけですから、無駄遣いも少なくなります。

この手法は20代、30代でも有用ですが、特に40代は「こだわる消費」について他の世代よりも更に深掘りをしていくべきです。たとえば、車にこだわりはないけど、ワインが本気で好きというのであれば、車はカーシェアリングを活用し、ワインへの予算は増やすような選択をする。「こだわらない消費」の車と、「こだわる消費」のワインといったようにラベリングをするのです。そうすることで、好きなものに予算を集中させ、今までは買うことのできなかったようなクラスのものも購入することができるようになり、もっと世界を広げることができるようになるのです。

「こだわる消費」で、誰にも負けないくらい熱く語れるものがあると、雑談一つにしても深みが出てきます。こうした世界を自分の中で確固たるものにすることで真の「違いのわかる大人のオトコ」になれるのではないでしょうか。

9. 賢く家を買い、住宅ローンを使いこなせ!

30代で4〜5割が、40代を終えるころには7割以上が住宅購入に踏み切り、そのほとんどは住宅ローンを組むことになります。そして定年退職まで返済を続けることになるのが一般的です。

最近では定年退職時には返し終わらない返済計画を立てて、退職金でなんとか完済しようとする人も増えているそうです。しかし、これは貴重なセカンドライフの資金を取り崩すことに他なりません。家の購入さえ乗り切れば後はなんとかなる、という考えはいささか危険ではないかと私は考えます。

将来に不安を残さないための備えとして、30代では「購入前にしっかり頭金を増やす」ことと「住宅ローン借入後は早期返済に励む」ことの2点をしっかり考えていくべきです。

もし家を買うのがまだこれからなら、頭金を少しでも多く貯めておきましょう。その分、借り入れが減り、利息を加味した総返済額が大きく下がることにもなります。定年退職時に返し終わらない返済計画を立てている人は、家を購入した後であっても、定期的な返済額を払えばよいと考えてはいけません。早期返済に積極的に取り組んで、セカンドライフに経済的な余裕を残したいものです。

前編でも書きましたが、リタイア後のセカンドライフはあなたが考えている以上にとても長いです。その長い時間を有意義に使える資産の有無が、トータルで見たときの人生の楽しさをまったく違ったものにすることでしょう。

10. 親として教育ローンを絶対借りないための策を講じよ!

子どもの誕生から大学卒業までの学費は、一説には約2,000万円以上。親になるその前に、しっかりと計画を立てて備えたいものです。

2,000万円の主だった学費として、高校と大学を私立校に通わせるとすると、最後の7年間に集中して900〜1,000万円かかるといわれています。このとき、甘いマネープランのツケを教育ローンでやりくりしてはいけません。教育ローンを使うということは、子どもの学歴のために自分達のセカンドライフの豊かさを縮小させて返済する、ということだからです。

奨学金を借りるという手もありますが、進んで借りるべきではありません。もちろん、金利面などでは通常のローンよりも有利なことは間違いありませんが、奨学金も教育ローン同様、紛れもない借金です。教育の機会を失うよりはマシですが、最初から奨学金をアテにしたマネープランを立てることはせず、計画的に備えましょう。

子どもと自分の笑顔を両立させてこそ、デキる男というものです。

前・後編の2回に分けてお届けした「40歳までに必ずしたい、お金と人生の10のこと」いかがでしたでしょうか。

人生を充実させるためには、多かれ少なかれ必要になってくるお金。今回ご紹介した「10のこと」すべてを実践する必要はもちろんありませんが、いくつかでも実践することで限りあるお金を有効に活用でき、人生がより豊かなものになると思います。

お金は人生のすべてではありません。でも、お金の心配を少しでも減らすことができれば、自分のこだわりを深めることも可能になり、よりアクティブな毎日を送ることができるのではないでしょうか。