旬の味を丸ごといただく、秋鮭の酒蒸し

【レンジdeおつまみ! Vol.5】ビールと共に秋の味覚を愉しもう! レンジで簡単に作れるおつまみレシピ集

旬を手軽に味わえる! 電子レンジおつまみレシピシリーズの第五弾!

食欲の秋を代表する魚、鮭。鮭には回帰性があり、川で生まれ海で育ち、3〜4年の歳月をかけて生まれた川に戻って産卵をし、一生を終えます。その習性を利用して、戻ってくる川の河口付近で漁をするのが9〜11月中旬なので、鮭は今が旬の、まさに今しか味わえない貴重な秋の味覚なのです! そこで、電子レンジで作るビールに合う簡単レシピ第五弾は、脂が乗った旬の秋鮭を使った、酒蒸しレシピをご紹介します。

柴田雄平
onakasuita株式会社 代表取締役社長/株式会社mannaka 代表取締役社長/株式会社Volante 代表取締役社長/いいね! JAPAN プロモーター/大人のダイエット研究所 プロモーター

1986年2月21日生まれ、埼玉県川口市出身。埼玉県の高校卒業後、調理師専門学校へ。調理師免許取得後は、海外に家庭料理を学ぶ旅へ。現在は、外食のコンサルティングをはじめ、食品メーカーのブランディング戦略や年間のマーケティング戦略などの支援を行うほか、ワークショップや講演などの活動を実施。また、門前仲町のおばんざい居酒屋おはしkitchen・日本橋茅場町のおでん居酒屋煮炊きやおわんを運営している。

6分の加熱時間で完成! 秋鮭の酒蒸し

今回は、秋鮭を主役にした酒蒸しレシピです。秋が旬の鮭は、生まれ育った川に戻る直前の今が一番脂がのっていると言われています。そんな秋鮭は、蒸すことによって身がさらに柔らかくなり、優しい甘みを感じられます。この料理のポイントは、塩加減を控えめにするところ。素材の旨味だけで美味しくいただけるので、塩はあくまでも旨味を引き出すための役割と考えるのがよいでしょう。さらに旬のしめじも入れると、秋鮭の脂やだし汁を吸って旨味がさらに倍増です。また、包丁を使う行程も少ないので、料理が苦手な人にもおすすめのレシピです!

レシピ(材料2人分)

秋鮭の切り身……2切れ
万能ネギ……1束
しめじ……1パック
片栗粉……適量
だし汁……1/2カップ(100cc)
酒……大さじ2
塩……適量
ゴマ……適量

作り方

【1】
秋鮭に片栗粉をまぶし、お皿に入れ電子レンジに1分かける。

【2】
万能ネギを5〜6cm幅の輪切りにして、しめじは石突き(根元のかたい部分)を取り小房に分ける。

【3】
【1】【2】をお皿にのせ、だし汁、酒を加えて塩をふり、電子レンジに5分ほどかける。

【4】
電子レンジから取り出し盛りつけ、ゴマをふりかける。

レンジで作るワンポイントアドバイス

鮭に片栗粉をまんべんなくまぶしてレンジに入れるのがポイント! 身崩れを防いできれいに仕上がります。

    

新着情報

  • 2017.04.05

    ゴールデンウィーク中のお届日指定につきまして

    4月27日~5月7日にいただきましたご注文については、最短で12日後のお届けとなります。

    ご不便をおかけしますが、予めご了承の上でご注文いただきますようお願い致します。

一覧を見る