イタリアンギャザリングイベント大公開

来場した数々のメディアも大注目の「マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフ」をご紹介

ワールドビジネスサテライトをはじめ、ヤフトピ、ライブドアニュースでも取り上げられた異例の新商品発表会

2015年10月21日水曜日。東京は代官山で、あるギャザリングパーティが開かれました。テーマは「マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフのススメ」。実はこの宴、Haierの“魅せ家電”であるイタリアンコンセプトの冷蔵庫や、ワインをカジュアルに楽しむための新商品、リビングにもおけるデザインホームフリーザーなどをお披露目する、いわゆるメディア向けの新商品発表会だったのですが、ただの新商品発表会ではありませんでした。世界のHaierがお届けする“UPGRADE Life”のメディアギャザリング第一弾と銘打って開催されたものだったのです。
そのため、通常の発表会のようなプレゼンテーションなどは一切なく、その替わりにメイン会場の隣のキッチンスタジオをリビングに見立て、なんとマリオさん(NHKにもレギュラー出演している、西麻布にある超人気店マリオ・イ・センティエリのオーナーシェフ)のホームパーティを生中継し、その中で新商品を紹介するという、なんとも斬新な発表会だったのです。
おかげさまで、TVやウェブメディアを中心に、すでに約50ものメディアに取り上げられています。

このようにメディアにも注目された「マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフ」を、各メディアで取り上げられなかった部分を中心に、UPGRADE編集部ならではの視点でご紹介していきます。

友だちが3人でも集まれば、まず乾杯。それがイタリアン・カジュアル

日本でホームパーティというと、いろいろ準備が大変でちょっとハードルが高いイメージですよね。もちろん、そうやってがんばって用意したパーティも良いけれど、友だちが集まって突然始まるのがイタリアン・カジュアル・ライフ。お料理もワインも、家にいつもあるものを美味しくいただくのが一番。まさにイタリアっぽい考え方です。気の合う仲間さえ集まればそれがパーティの主役、料理もワインも名脇役なんですね。今回のトークショーも、前置きなんかなく、まずは乾杯!から勢いよく始まっていました。

【マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフPOINT1】
「いい料理、いいワインがあればいい。でも“いい”っていうのは高級ってことじゃないよ。ちょっといい、ちょうどいい、つまり自分が好きなものが一番ってことね」

突然始まるパーティには、フリージングレシピが◎

友だちが集まれば自然とパーティが始まる、ということは予め準備をしておくなんてこともなかなかできません。そこで、今回のホームギャザリングパーティー式トークショーのお料理を担当したマロンさん(UPGRADEのイエレシピでも大活躍)オススメが、フリージングレシピ。たとえば、トマトもダイス状にカットしてジップロックで冷凍しておけば、急なパーティでも大活躍。 パパっと取り出してレンジで解凍すれば、あっという間にブルスケッタやパスタ、サラダの出来上がり。夏場ならそのままカレーにかけても美味しいそうです。 だからマロンさんが愛用しているHaierの冷蔵庫は冷凍室が大きめ。340リットルクラスなのに、冷凍室はなんと500リットルクラスと同じくらいの容量です。そして実は、見た目もスタイリッシュなイタリアンデザイン。デザインの本場イタリアでデザインされたもので、カラーもミラネーゼゴールドとローマンシルバーをラインナップしています。

【マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフPOINT2】
「日本の冷凍庫は小さすぎるね。これなら冷凍庫大きくていいね。ワインのボトルラックも最高よ!」

【マロン流ホームフリージングレシピ】
パスタ「シーフードとエリンギのパスタ山椒風味」
オイル系のスパゲッティ。パーティ時は食べやすいように、ペンネで。

前菜「トマトと人参のブルスケッタ」
パンの上に乗せて。バジルを使わずシソを使います。冷凍トマトを解凍させて使用。

デザート「マスカルポーネと豆腐のデザート」
冷凍フルーツを使ったソースをかけます。チーズの中にはきな粉も使用。

赤でも白でも何でも合うのがイタリア料理。だからこそ、リビングにはワインクーラーを

たとえば、マロンさんが振る舞ってくれた魚介のペスカトーレ。トマトソースベースだから赤ワインが合うけれど、具材は白ワインがぴったりな魚や貝。この日、ソムリエを担当してくれた野田さん(UPGRADEの「プロが選ぶ! ¥3,000以下のお家ワイン10選」にも登場)曰く「イタリア料理って、赤にはなに、白にはなに、っていうよりも両方の素材が入ってるから、どっちを合わせても美味しいの」とのこと。 そしてそもそも、家にあるワインを気軽に楽しむのがイタリアン・カジュアル。そんな時あったらなお良いと出演者全員くちをそろえたのが、カジュアルワインクーラーの『ラコルタ』。 冷蔵庫だと冷えすぎるし、イチイチ取りに行かないといけないけれど、このデザインならリビングにもおけるから、飲みたい時にサッと飲める(しかも最適な温度で!)、と三人とも大絶賛。セラーは熟成させるものだけど、ワインを最適な温度で冷やすための冷蔵庫という発想は新しい、とソムリエ野田さんも太鼓判。家で飲むデイリーワインに、まさにぴったりな商品ですね。

【マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフPOINT3】
「これがあればもっとホームパーティできるよ! イタリアの友人にも紹介したいね。日本人、もっとパーティしてください!」

【野田さんセレクトワイン】
白「ピノ・グリージョ リゼルヴァ/メッツァ コロナ 2012」
マロンさんのお料理全般に合わせてセレクトした白ワイン。

赤「トゥーデリ/デットーリ/カンノナウ 2007」
2007年というヴィンテージの熟成を、会話を楽しみながら食後まで楽しめる赤ワインとして選定。

宴のシメは、キンキンに冷えたリモンチェッロがオススメ

デザートワインもいいけれど、イタリアン・カジュアルを徹底的に楽しむなら、冷凍庫で冷やしたリモンチェッロをぜひ。日本の梅酒のような存在で、マリオさんもホームメイドしているほど。まさにイタリアン・カジュアルなホームギャザリングパーティのシメにピッタリなお酒です。 美味しく飲むポイントは、冷蔵庫でキンキンに冷やすこと。アルコール度数が高いので凍らないためビンが割れる心配はありません。トークショー内でも登場したHaierの『リビングフリーザー』なら、わざわざ冷蔵庫まで行かなくてもリモンチェッロが楽しめるからオススメです。しかも、ロックアイスやアイスクリームも冷やせるから、まさにリビングにはぴったり。デザインも木目調なので、空間にもさりげなく調和します。

【マリオ的イタリアン・カジュアル・ライフPOINT4】
「リモンチェッロは、ぼくのお店でもつくってるくらいイタリアでは定番。リビングにおける冷凍庫があればリモンチェッロもアイスクリームも冷やせるから、ホームパーティでも大活躍ね」

イタリアン・カジュアル・ライフは、誰でも気軽に実現できる

美味しくて、気軽で、何よりも楽しい、それがイタリアン・カジュアル・ライフ。今回のイベントで紹介されたレシピやワインはもちろん、実際に使われていた冷蔵庫やワインクーラーもリーズナブルなものばかり。真似しようと思えば、誰でも手が届く、まさに「イタリアン・カジュアル・ライフのススメ」というテーマらしい宴でした。皆さまも、今週末はイタリアン・カジュアルなホームパーティを、ぜひお愉しみください。

マリオ・フリットリ
料理人/文化人

1966年4月1日生まれ。イタリア、ロンバルディア州出身。 パリのホテルロイヤルモンソー「リストランテ カルパッチョ」で料理人としてスタート。1987年京都心斎橋の大丸にて総料理長として来日。カリフォルニア、東麻布での料理長などを経て、2002年独立し共同経営「リストランテ・ルクソール白金台」をオープン、2008年西麻布「Mario i sentier」をオープンし、現在に至る。

マロン
大阪あべの辻調理師専門学校を首席で卒業し、料理研究家、インテリアスタイリストのアシスタントを経験後、1983年に日本でのフードスタイリスト第1号として独立。雑誌、書籍、テレビ、ラジオ、新聞、広告、イベント、講演会等、あらゆるメディアを通して美味しい料理、料理の楽しさを提案し、第一線で活躍し続けている。
オフィシャルサイト「マロンズネット」

野田幹子
シンガー・ソングライター/ソムリエ

大阪府豊中市出身。1987年「太陽・神様・少年」でCBSソニーよりデビュー。これまでにアルバム14枚、シングル11枚をリリース。1997年にソムリエ、2003年にシニアソムリエ、2000年にはチーズ・プロフェッショナルの資格を取得。新しいタイプのソムリエとして、各メディアで音楽とワインの愉しみを伝えている。2014年4月にワインバー「Canon」を白金台に再開させ、ソムリエとしてサービスもつとめるシンガーソング・ソムリエ。

    

オススメ商品


新着情報

  • 2017.04.05

    ゴールデンウィーク中のお届日指定につきまして

    4月27日~5月7日にいただきましたご注文については、最短で12日後のお届けとなります。

    ご不便をおかけしますが、予めご了承の上でご注文いただきますようお願い致します。

一覧を見る