シャツ&ネクタイを変えるだけ! パーソナルカラーで第一印象を良くしよう

似合う色を取り入れて、もっと自分を魅力的に見せよう!

「あなたの好きな色は?」と聞かれたら、きっとすぐ答えが浮かんできますよね。では「あなたに似合う色は?」と聞かれたら・・・なんて答えたらいいかちょっと困ってしまわないでしょうか。

では、下の写真を見比べてみてください。 すべて青ですが、トーンにかなり差があります。これを服にした場合、人によって「似合う青」と「しっくりこない青」が出てくるはず。う〜ん、なにを基準にすればぴったりな色を選べるのでしょう?

ズバリ、この“似合う色”を一人ひとり割り出したものがパーソナルカラー! 最適な色を身につけた場合、顔の肌がワントーン明るく見え、印象まで良くなってしまうというのですから驚きです。そこで今回は、パーソナルカラーで見た目がどれだけ変わるのか、シャツとネクタイを使って実験してみました。

理論を知ればさらに納得! 実験前にパーソナルカラーについて押さえておこう

■ひとはそれぞれ似合うカラーがちがう
肌や瞳、髪など身体の色はひとによって異なります。この生まれ持った色こそパーソナルカラー。パーソナルカラーを知り、自分に合う色を身につけることで、他人に与える印象はかなり変わってきます。「今日はすっきりして爽やかだね」「なんだか疲れている?」などと言われるのは、その日のファッションが影響しているのかも知れません。

■パーソナルカラーは4つのシーズンタイプが基本
パーソナルカラーは4つのタイプに分類することができます。まず、それぞれの特徴を知っておきましょう。





明るくフレッシュな色のグループ。少し黄味がかった、明るく透明感のあるブライトカラーがお似合いです。



柔らかで淡い色のグループ。少し青みがかった涼しげなパステルカラーがお似合いです。




落ち着いた大人のイメージを持つグループです。黄味がたっぷり含まれた、あたたかみのあるアースカラーがお似合いです。





都会的でクールなコントラストのイメージを持つグループ。純白のような極端に薄い色と、濃く強い色のはっきりしたコントラストがお似合いです。

※閲覧環境により色味が異なる場合があります。

■パーソナルカラーは身体のベースカラーをさらに分類したもの パーソナルカラーはいきなりシーズンタイプを決めるのではなく、まず身体の色を確認して「イエローベース」と「ブルーベース」のどちらか2つに大きく分けるところから始まります。
そこからさらに、

イエローベース

スプリング

ブルーベース

サマー

オータム

ウィンター

と4つのシーズンタイプに分けていきます。

「え? 私、イエローベースだけど青が好き・・・」という方、ご安心ください。
ベースカラーと反対の色=似合わない色ではありません。イエローベースには似合う青が、ブルーベースの方には似合う黄色があります。自分のパーソナルカラーを知っておけば、色のトーンまでしっかり選ぶことができます。

ファッションアイテム選びが楽になる! まずは自分のベースカラーを調べてみよう

パーソナルカラーはプロでないと正確に分からない場合が多いですが、ベースカラーは比較的簡単に診断できます。以下、チェックリストでどちらが当てはまるか選んでみてください。

■ベースカラー診断5チェックリスト

A

B

Q1. 肌の色は?

赤味がある

黄味が強い

Q2. 瞳の色は?

黒・グレー系

ライトブラウン・ブラウン系

Q3. 髪の色は?

黒・ソフトブラック系

ライトブラウン・こげ茶系

Q4. 手のひらの色は?

赤味が強い

黄味が強い

Q5. 日焼けしたときは?

赤褐色になる

小麦色になる

■Aが多いひとは【ブルーベース】

  • 腕時計、アクセサリーなどの色目はシルバー系のものがお似合い。

  • 特に上半身のファッションは青味がかった色選びがオススメ。

■Bが多いひとは【イエローベース】

  • 腕時計、アクセサリーなどの色目はゴールド系のものがお似合い。

  • 特に上半身のファッションは黄味がかった色選びがオススメ。

いよいよ本題! パーソナルカラーの実力を調査してみよう

■大丸『Fashion Navi』なら、3,240円でパーソナルカラーをプロに診断してもらえる!

パーソナルカラーは色の知識豊富なプロに診てもらうのがオススメ。というわけで今回は、大丸6店舗で展開している『Fashion Navi』に行ってきました。こちらでは、知識を定期的に磨きあげているプロが常駐。45分/3,240円というお手頃価格なうえ、セカンドシーズン(2番目に似合うパーソナルカラータイプ)も合わせた13タイプの診断結果から、自分のタイプに合ったアドバイスがもらえます。

■色の反射から顔の変化をプロが丁寧にチェック 早速、診断をしてもらいましょう。まず、ベースカラーは「ブルーベース(でも、ちょっとイエローベースの要素もあり)」とのこと。そこからさらにカラフルなドレープを当てながら、肌の見え方の違いを調べていきます。
そして導き出されたパーソナルカラーが・・・コチラ!

ファースト
シーズン

グレイッシュなサマー

セカンド
シーズン

ソフトなオータム

「グレーを混ぜたような柔らかい中間色や、トーンを抑えたニュアンスカラーがお似合いです。髭の青みが抑えられ、肌がキレイに見えるので、すっきりとした清潔感ある印象になります。逆にビビットな強い色を持ってくると負けてしまい、顔の印象が弱まってしまいます」とアドバイスもしてもらえました。

■パーソナルカラーに合わせてアイテムをチョイス シャツとネクタイも選んでもらいました。こちらは、「ショッピングナビ」という100分/3,240円の別メニュー。お店を一緒にまわって、先ほどの診断結果をもとに似合うアイテムや、コーディネイトのアドバイスをしてくれます。

※ショッピングナビは通常女性限定メニューですが、2016年6月までの期間限定で男性の予約も可。その際はweb予約のコメント欄に「UPGRADEを見て」とご記入ください。

■どれだけ印象が変わるか・・・いよいよ結果発表!
パーソナルカラーと反対のシャツ&ネクタイと、パーソナルカラーぴったりのシャツ&ネクタイ、2着を見比べてみました。ライティングなど撮影条件はまったく変えておりません。そして、その結果がコチラ! おおお! いかがでしょう? 結構、一目瞭然ではないでしょうか。
左のイマイチな組み合わせの場合、プロのアドバイス通り、目線がまずネクタイに行ってしまい、顔の印象が負けているのがよく分かります。
右のぴったりな組み合わせの場合、目線はまず顔に。さらに、こちらの方が圧倒的に若々しく爽やかなイメージになりました! 商談でも合コンでも印象が良いのは断然、コッチ!

色ひとつだけで、あなたの魅力はもっと引き出せる

実は撮影前までは半信半疑だったのですが、パーソナルカラーの効果がよく分かる結果となりました。「人は見かけじゃない」なんて言葉もありますが、やっぱりビジネスの世界では第一印象は大切です。その後の人間関係にも大きく影響してくるものなので、より明るく、より爽やかに、身だしなみを整えていきましょう。クローゼットの色味が偏りがち・・・なんて方は、ご自身のパーソナルカラーを調べてみては。これまで避けがちだった色からも、新しい自分の魅力を引き出せるかも知れませんよ!

    

オススメ商品