洗濯機“風乾燥”機能の効果は? <梅雨の部屋干しテクニック大調査>

生乾きの臭いを抑える、早く乾かすための洗濯術・総まとめ

湿気に悩まされる梅雨の季節。普段は太陽の下で洗濯ものを乾かしている人も、部屋干しに頼る機会が増えてしまいますよね。そこで困ってしまうのが・・・そう、生乾きのあの臭いです。

ところで、一般家庭用の多くの洗濯機に“風乾燥”機能がついているのをご存知でしょうか。脱水の後で風を当て、洗濯物の水分を飛ばす機能です。熱風でないため完全乾燥はできませんが、「干す時間を短縮できる」と言われています。では、この風乾燥機能、その他の部屋干しグッズやアイデアと比べて、一体どこまで有効なのでしょう。

そこで、“一番早く乾く部屋干しテクニックはどれか”UPGRADE編集部で実験してきました。

実験前に、生乾き臭のメカニズムを知っておこう

乾かすまで時間がかかると、臭いの原因菌が繁殖してしまう
大手洗剤メーカーからも発表がありましたが、生乾き臭は「モラクセラ菌」という細菌が一因といわれています。この菌はジメジメした場所にいると、人間の皮脂や汗を食べてどんどん繁殖する性質を持っています。
残念なことに、モラクセラ菌は一度大量繁殖してしまうと、なかなか除去ができません。洗いたてのバスタオルが臭い、なんてことがあったら、洗濯の水分で菌の動きが活発になった証。こうなったら、煮沸消毒などが必要となります。

菌を増やさない、一番早く乾く洗濯方法を調べよう

同時に洗濯を行い、1時間ごとにそれぞれの水分量を測定
乾くまでの時間を調べ、どの洗濯テクニックが有効なのかを調査。なるべくリアルな数字が取れるよう、今回は以下のルールを設定しました。

  • 室内の温度:22.5℃、湿度:73%
    …過去5年分の気象庁データ平均から梅雨時期の部屋を再現。

  • 実験アイテム:Yシャツ、靴下、フェイスタオル
    …前日、同人物が1時間着用し、汗と皮脂を付着させる。

  • 洗い方:10分洗濯モード
    …すべて室内用洗剤を投入。

  • 測定方法:各洗濯物の重量
    …干した後、1時間おきに測定。

  • 乾燥判定:重量の変化がなくなったとき
    …1時間前の重量と比較し判定。

“風乾燥”VS.定番部屋干しテクニック

なるべく定番のもの、よく知られているものを中心にテクニックを集めてみました。

  • 風乾燥
    …通常洗濯で脱水まで行った後、さらに洗濯機の中で風を送って乾燥させる機能。今回は1時間風乾燥を行います。
    ※乾燥時間の計測は、10分洗濯終了後の風乾燥から開始。

  • エアコン下
    …今回はより効果が出せるよう、専用物干しを用意しました。
    ※専用物干しを使用する場合は、各製品の規定重量、設置方法を守ってご利用ください。

  • サーキュレーター
    …洗濯物に下から風を当て続けます。(扇風機でも代用可能です)

  • 新聞紙
    …丸めた新聞紙を洗濯物の下に置き、湿気を吸わせます。

  • 除湿機
    …衣類乾燥機能のついたものを用意。洗濯物の側に設置します。

  • 浴室乾燥機
    …近年、導入が増えている住宅設備。浴室内に温風を送ります。

  • 通常干し
    …テクニックではありませんが、基準としてこちらも調査します。

洗濯の前と後でどう変わるか、衣類の重さをチェック
まず、着衣前と着衣後で重量がどう変化するのか測定してみました。改めて比べてみると、着衣後は汗や皮脂が付着して重くなっているのが分かります。

つづいて、洗濯した直後の重量がこちらです。脱水で抜けなかった水分が染み込んでいるため、着衣後より重さが増しています。しっかり乾けば、着衣前の重量に近くなるはずです。

いよいよ部屋干しスタート。時間ごとの変化を追ってみよう

【1時間経過】浴室乾燥機のパワフルな乾燥力を実感
それぞれのテクニックを使って洗濯物を干した1時間目の様子がこちらです。 この段階では風乾燥は洗濯機から出したばかりです。この段階でそれぞれの重量を測定してみます。 他のテクニックと比べて、浴室乾燥機の洗濯物はかなり軽いです。着衣前の数値に近いことから、たった1時間干しただけで、ほぼ水分が抜けていることが分かります。

また、サーキュレーターもYシャツをよく乾かしています。風乾燥はワイシャツのような薄い生地よりも、靴下、フェイスタオル等、厚手の生地で効果が出ています。

【2時間経過】サーキュレーター、除湿機など機械系グッズが順調
浴室乾燥機につづき、次に有効なテクニックを調べてみましょう。2時間目の測量結果はこちらです。 サーキュレーターと除湿機が全体的に乾きが早いのが分かります。

【3時間経過】風乾燥とサーキュレーターがほぼ互角に なんと、1時間洗濯機の中で風を当てた風乾燥と、3時間ずっと風を送り続けているサーキュレーターがほぼ互角の数値となりました。洗濯物を乾かすには、早い段階で水分をしっかり抜くことが大事なようです。

【最終結果】風乾燥の効果は? 6時間分のデータから考察
ついに全てのデータが揃いました。それぞれ乾いた時間をマークしてみましょう。

Yシャツ

1h

2h

3h

4h

5h

6h

風乾燥

216.5g

188.5g

185.5g

186.0g

186.0g

-

エアコン

201.0g

189.0g

188.5g

188.5g

-

-

サーキュレーター

186.5g

185.5g

184.5g

184.5g

-

-

新聞紙

201.0g

189.0g

186.0g

186.0g

-

-

除湿機

200.5g

188.5g

187.5g

188.5g

188.0g

188.0g

浴室乾燥機

185.5g

185.5g

-

-

-

-

普通干し

217.0g

195.5g

189.5g

188.5g

188.0g

188.0g

さほど大きな差はつきませんでした。普通干しも除湿機と同じく5時間で乾いています。また、風乾燥の1時間目は普通干しとさほど変化がありませんでした。こういった薄手のものが中心の場合、テクニックなしで部屋干ししても、あまり臭いは気にならないかも知れません。

靴下

1h

2h

3h

4h

5h

6h

風乾燥

89.0g

80.5g

74.5g

72.0g

72.0g

-

エアコン

102.0g

97.5g

91.0g

84.0g

80.5g

74.0g

サーキュレーター

91.0g

78.0g

73.0g

70.5g

70.5g

-

新聞紙

104.0g

93.5g

84.5g

76.5g

73.0g

72.0g

除湿機

103.5g

77.0g

72.5g

71.5g

71.5g

-

浴室乾燥機

78.5g

69.5g

69.5g

-

-

-

普通干し

110.5g

103.5g

95.5g

88.0g

81.0g

75.0g

こちらはYシャツに比べてかなり乾きにくい印象です。風乾燥、サーキュレーター、除湿機といった水分を飛ばす機械の力がよく分かります。

フェイスタオル

1h

2h

3h

4h

5h

6h

風乾燥

129.5g

115.5g

92.5g

90.5g

90.5g

-

エアコン

158.0g

150.0g

137.5g

127.5g

114.0g

104.5g

サーキュレーター

115.5g

101.5g

94.0g

92.0g

91.5g

91.5g

新聞紙

163.5g

144.0g

130.5g

115.5g

104.5g

96.5g

除湿機

160.5g

127.5g

115.0g

95.0g

89.0g

88.5g

浴室乾燥機

88.5g

88.5g

-

-

-

-

普通干し

164.5g

152.0g

137.0g

123.5g

112.0g

103.0g

6時間で乾ききらなかったテクニックもかなりありました。タオルが臭くなりがちなのは、乾きづらく、湿った状態が長く続いてしまうからです。厚手のものを洗う場合、きっちり対策を立てた方が良さそうです。

【考察】
浴室乾燥機を使用するのが一番早い乾かし方でした。ただ、使用できるかは住宅設備によるので、誰もができる洗濯方法ではないかも知れません。また、やはり衣類乾燥を目的に作られたテクニックの方が、明確に効果が出ました。部屋干しの機会が多いようなら、風乾燥やサーキュレーターなどを導入するのがオススメです。

かしこい部屋干しテクニックで、梅雨のユウウツを吹き飛ばそう

あなたの自宅の洗濯機。もう一度、どんな機能があるかチェックしてみてください
冒頭でも紹介しましたが、風乾燥は割と一般的な機能です。今まで気づかなかっただけで、あなたの家の洗濯機にもついているかも知れません。せっかく良い機能がついているなら、ぜひ活用してみてください。さらに、風乾燥で洗って、サーキュレーターや除湿機を使うなど合わせ技も効果的です。洗濯に+ひと工夫で、部屋干しをもっと快適に済ませてしまいましょう。梅雨が明けたら、また太陽の下で思いっきり洗濯が干せる、夏が待っていますからね。
※実験結果は参考値です。使用機器などにより、変動する可能性があります。

    

オススメ商品


新着情報

  • 2017.04.05

    ゴールデンウィーク中のお届日指定につきまして

    4月27日~5月7日にいただきましたご注文については、最短で12日後のお届けとなります。

    ご不便をおかけしますが、予めご了承の上でご注文いただきますようお願い致します。

一覧を見る