SNS受けバツグン。いいね!したくなるキューブ・アイスを作ろう

冷凍庫に入れるだけ。みんなを湧かせるおしゃれアイデア

いよいよ夏本番がやって来ました。2016年はどうやら猛暑になる模様。昼間のお出かけはなかなか億劫な季節ですね。けれど、夏はイベントもたくさん。SNSを覗いてみたら、楽しそうな友達の投稿でいっぱい・・・なんて人も少なくないのではないでしょうか。

でも、わざわざ遠出しなくても、夏を満喫する方法は家の中にだってあります。今回はそのひとつ、“キューブ・アイス”をご紹介しましょう。 ドリンクやフードに活用すれば、ぐっと鮮やかで涼しげな印象に。普段のイエ飲みだって思わずSNSに投稿したくなるほど、素敵空間に早変わりしてしまうはず。

そんなおしゃれキューブ・アイスの作り方とスタイリング方法を、パーティやおもてなし料理を得意とする料理家の湖山紅美さんに教えてもらいました。どれも手軽にできるものばかりなので、ぜひお試しください。

湖山紅美(こやまくれみ)
FTW.llc代表/料理家・フードディレクター。TVや雑誌のフードコーディネート、レシピ監修、コラム執筆等。企業向けのフードサービスを実施。国内外で注目を集める。
著書「料理家10人のとっておきスープレシピ(エイ出版社)」
Facebook Instagram

涼しげで幻想的。キューブ・アイスは今年、流行の兆し

花やフルーツ、ハーブなどを水と共に凍らせて作るキューブ・アイス。最近ではTVをはじめ、様々なメディアでも取り上げられています。

冷凍庫と製氷皿さえあれば簡単に作れてしまうので、来客時のおもてなしにもオススメです。
※市販の製氷皿は耐冷温度−23度以下を推奨。

■花の入ったキューブ・アイスは口にしても大丈夫? 非日常感を満喫できると特に人気が高いのが、花を使ったキューブ・アイスです。ここでちょっとご注意を。花屋で扱っている観賞用のものは薬剤などが掛かっている場合があります。野菜と同じように育てられた食用花(エディブルフラワー)を使用しましょう。最近では大型スーパーでも取り扱っており、ネットでも購入可能です。

■自宅で、できるだけクリアな氷作りに挑戦! キューブ・アイスの作り方自体はとっても簡単。製氷皿に好きなアイテムを入れ、水と一緒に凍らせるだけです。でも冷凍庫では、気泡などが入り白濁した氷が出来がち。そこで、なるべくクリアな氷を作るコツをご紹介します。

  1. 軟水を一度沸騰させる
    氷が白くなってしまう原因のひとつは、水の中に入っているミネラルです。そこで浄水器の水やミネラル保有量の少ない軟水を沸騰させ、水の中の空気や不純物を除きます。製氷皿に入れる際は、粗熱を取ってからにしましょう。

  2. なるべくゆっくり凍らせる
    冷凍庫に直接製氷皿を置くと、一気に凍り、気泡が入りやすくなるため、冷凍庫との接地面を減らして、時間をかけて氷を作ります。製氷皿の下に発泡スチロールや割り箸を敷くと冷凍庫と製氷皿の間に空間ができて、ゆっくり凍りますよ。

■水以外を凍らせれば、色味やフレーバーを変えられる カラフルなジュースなどを活用すれば、さらに鮮やかに作れます。アイス自体の風味も楽しめるので、料理やドリンクにもオススメです。たとえば珈琲でキューブ・アイスを作れば、溶けても味が薄くなりません。

■キューブ・アイスで日常を彩り、お家時間を充実させよう 入れるアイテムにもよりますが、1〜2週間は保存しておけるのもキューブ・アイスの良さ。ハーブ系などを用意しておけば、毎日の何気ないティータイムもぐっと華やかになります。

就寝前やストレッチの後などは、レモンを閉じ込めたキューブ・アイスがオススメ。リビングフリーザーがあれば、リラックスしたいタイミングでさっと取り出せて便利です。

キューブ・アイスのちょい足しで、何気ないイエ飲みをおしゃれに!

涼しげなキューブ・アイスは、太陽の光を浴びるとさらに輝きます。そこで、たまにはお庭やベランダなどでイエ飲みをしてみてはいかがでしょう。友達を誘ってみたら、きっと喜ばれるはずですよ!

■初夏の白ワインスピリッツァー 白ワイン3:炭酸水2の割合で混ぜ、キューブ・アイス(ミント、ローズマリー、白のエディブルフラワー、オレンジなどをお好みで)を投入。

■氷にレモンを閉じ込めた大人のハイボール ローズ、レモン、レモンピールを閉じ込めたキューブ・アイスをグラスに敷き詰め、ウイスキー1:炭酸水3の割合で注ぐ。

■数種ベリーのコールドウォーター キューブ・アイスにラズベリーやブルーベリークランベリー等をとじ込め、ベリー系のシロップを割った水にお好みでミントやハーブを添えて。

■エディブルフラワーのアジアンエッセンスウォーター 濃いめに出した紅茶にお好みの甘さで蜂蜜を入れ、キューブ・アイス(エディブルフラワーとレモングラスなどハーブをお好みで)とライムを投入する。

■涼満載! CUTEそうめん 通常通りそうめんを茹で、キューブ・アイス(ライム、すだち、レモン、エディブルフラワーなどをお好みで)で彩る。すりおろししょうが・ミョウガなど薬味を添えて。

■ガーデンかき氷 フルーツソースをかけたかき氷に、キューブ・アイス(お好みのフルーツを入れて)をトッピングする。

■フラワーアイスキャンディー アイスキャンディー型の製氷皿にお好みのフルーツを投入。そこへ練乳で甘みをつけたミルク、オレンジジュース、ココアなどドリンクを注いで固める。ドリンクは甘めにしておくのがポイント。

■【番外編】ワインクーラーの氷を変えるだけでもおしゃれ! おもてなしの演出としてもキューブ・アイスは役立ちます。こういった直接口に入れず、スタイリングとして活用する場合、エディブルフラワーでなくても大丈夫です。

夏はこれから! ちょっとしたアイデアで、暑さを楽しく乗り切ろう

当たり前のように冷凍庫に入っている氷。そこに一手間を加えるだけで、普段の生活が一気に鮮やかに変わります。生活をちょっと丁寧に過ごすことこそ、「いいね!」と思われるものではないでしょうか。そんなアイデアや工夫を通して、家での時間をもっと楽しく、もっと素敵にしていきましょう。

    

オススメ商品