失敗しないアイロン講座

〜ビシっとシャツは、できるオトコの身だしなみ〜

デキるビジネスマンに共通しているのが、見た目にもキマっている点。仕事はもちろん、身だしなみにもスキがありません。特に、ワイシャツの仕上がりがビシっとしているだけで、ビジネスパーソンとしての印象がグッとアップグレードするというもの。

しかし、現実問題、時間的にも経済的にも毎回クリーニング店を利用するのは大変ですよね? 週に一度まとめたとしても、受け取りに行くタイミングを逃すと翌週のワイシャツがなくなってしまいます。形状記憶シャツにして自宅で洗濯、という選択肢もありますが、デザインや質感などを諦めざるを得ないのが現状です。
残された方法は、自前でのアイロンがけ。とはいえ、上手くかけるには、相応のテクニックが必要で、とにかくハードルが高い、という印象が...。

そこで今回UPGRADE編集部は、『男のアイロン術』などメディアでも取り上げられている“アイロンの達人”カミヤクリーニング店の店主「神谷先生」に、誰でもカンタンにできて失敗しないアイロンのコツをお聞きしてきました。仕上がりまでの行程は7ステップ、その神業の一部始終を、どうぞご覧ください!

カミヤクリーニング 神谷知伯
「シミには厳しく、衣類にはやさしく」をモットーに、染み抜き方法には強い「こだわり」を持つ。黄ばんだシミで、他店で断られたり、落ちなかった方など、お客様の心配、不安を解消するべく、日々仕事に励んでいる。
数多くのメディアにも取り上げられており、地元住民からの信頼も厚い。

ステップ1【襟】

襟は、なでる程度ですが、裏面から始めるのがポイントです。ネクタイをする時の“すべり”が良くなります。

襟の表面は、片側からだけかけると生地がよってしまいしわが発生しやすいので、両端からそれぞれ中央に向けてアイロンをかけましょう。

ステップ2【袖口】

手首の肌触りが心地よくなるので、袖口も裏面から。

表面は襟と違い、ボタン側は着ると隠れるので、生地のかたよりは気にせず、ボタン側とは反対側から一方向にかけてOK。

ステップ3【袖】

袖はいきなりアイロンをかけ始めるのではなく、まず縫い目をキチンと揃えてください。

そしてそのまま縫い目にそって、袖口から脇に向かってかけていきます。この時、脇側の生地をひっぱりながらかけると、よりピシッと仕上がります。

ステップ4【袖タック】

一見むずかしそうなこの部分も、タオルを丸めて立体的にしてからかければ、驚くほどカンタンにタックが美しく仕上がります。

その際、袖の肩口部分を引っ張ると折り目が自然としっかり出るので、よりアイロンがかけやすくなります。

ステップ5【前立て】

ボタンが邪魔でかけにくいイメージがありますが、実は裏面をアイロンすれば、ボタンはまったく気になりません。襟側をひっぱりながら裾から上にむかって2回程度かけてください。

ボタンホール側は、表面だけでOK。同じようにひっぱりながら2回ゆっくりと。

ステップ6【背中】

背中は、タック部分がポイントです。折り目正しく仕上げるコツは、袖口と同じように立体的にしてかけること。アイロン台の角にシャツを被せると誰でもカンタンに折り目がキレイに出せます。あとは、アイロンの重さを利用しながら折り目にそってかけるだけ。

ステップ7【前身ごろ】

前身ごろは、一気にアイロンをかけるのではなく、半分ずつ仕上げていくのがポイント。

アイロンをかける前にまず、背中で出したタックの折り目に気をつけながら、横の縫い目と前立てを手のひらでササッと整えてください。すると自然と肩のラインも整います。

そして、整った肩のラインからかけはじめ、ゆっくりと裾側へアイロンを滑らしていきます。あとは、反対側も同じようにかけるだけでOK。

おまけ【たたむ】

ハンガーにかけてしまえるスペースが十分にある場合、無理にたたむ必要はありません。でも、収納の関係上たたまなければならない人のために、たたみ方もご紹介。

まず、一番上・三番目・一番下の3つのボタンをとめます。

次に裏返して肩口で袖を折り、左手で真ん中くらいをおさえ袖口を上に持ち上げると、さきほどかけた袖タックの折り目が出てくるので、

そこにそって襟側へ三角に折り曲げます。反対側の袖も同じようにたたんでいきます。

そして、両側から真ん中にかけて折りたたみ、

さらに下から10cmくらいを一旦折りたたみ、

あとは半分に折りたたむだけ。
そのままひっくり返せばあら不思議、まるでお店に並んでいるようにキレイな仕上がりに。

7ステップで、失敗せずにアイロンがかけられる!
とはいえ、正直、毎回はシンドいかも...

という人は、「しわケア脱水」機能搭載の『Haier JW-C45A・JW-C55A』がオススメです。 毎回アイロンがけできる余裕があれば良いのですが。働き盛りのビジネスパーソンなら、帰宅時間も遅ければ、体力的にもヘトへトですよね。そんなみなさんの強い味方が、ハイアールのJW-C45A・JW-C55Aという洗濯機に搭載された「しわケア脱水」機能。ワイシャツのしわの原因が脱水時によるものという点に着目し、しわになりにくいよう、絶妙なタイミングで脱水を止めるというもの。脱水のタイミングで少量の洗濯のりを入れて「しわケア脱水」すれば、アイロンをかけなくてもキレイな仕上がりに。これならば、所要時間は実質0分で、デキる男のワイシャツの出来上がり。忙しくてアイロンまで手が回らない、ビジネスパーソンにはうれしい機能ですね。

         

新着情報

  • 2017.04.05

    ゴールデンウィーク中のお届日指定につきまして

    4月27日~5月7日にいただきましたご注文については、最短で12日後のお届けとなります。

    ご不便をおかけしますが、予めご了承の上でご注文いただきますようお願い致します。

一覧を見る