パパが釣った魚を、来週のママ友BBQのメインに。

大自然の中でキャンプをしたり釣りをしたり、アウトドアは子育て世代の家族にとって、とっても楽しみなイベント。子どもにとっては楽しむだけではなく、未知の体験から学ぶこともたくさんある貴重な時間。とはいえ、毎週末ごとに出かけるのは大変。だから、その楽しみを家に持ち帰って、続きを体験してみるのはいかがでしょうか。

例えば、子どもたちと一緒に釣った魚を持ち帰って、自宅の庭でバーベキューをするとか。もちろん、パパもママもその日は疲れているだろうから、それをさばいて料理をするのは大変です。だから、大型の冷凍庫で、ひとまず釣った魚をそのまま冷凍保存しておいて、翌週末にバーベキューというもうひとつのお楽しみをつくってしまう。日を変えれば時間もたっぷりあるし、パパもママも英気を養えます。

魚をさばくのはママの腕のみせどころ。魚以外の食材やデザートは招待したママ友たちの持ち寄りで。それぞれのママの得意の一品が集まって、一気に庭は贅沢なバーベキューパーティになるでしょう。

パパはゆっくり食べる方に徹して、子どもたちとワイワイにぎやかに。こうして、子どもたちの体験イベントが、ママたちの交流の場にもなります。

ただし1週間も大量の魚に、それもスーパーで売っている切り身のように処理されていない釣ったままの魚に、冷凍庫を占領されるほど、ママにとって大変なことはありません。それこそスペースもないし、冷凍とはいえ生臭さも気になるし…。

でも、キッチンのメインの冷蔵冷凍庫とは別に、釣った魚などを入れる“サブ”の冷凍庫があれば、そんな気遣いはいりません。帰宅後もひとまずそのまま魚をサブの冷凍庫へいれておけば大丈夫。手間取ることもありません。もちろん魚以外にも、買い置きの冷凍食品もたっぷり保管できるし一石二鳥です。

1週目の週末は、遠出してアウトドアで魚の釣り体験を楽しんで、次の週末は、釣った魚を自宅の庭でバーベキュー。自分たちで釣った魚を、自分たちで調理する。2週連続のわが家のファミリー・プロジェクト。こんな素敵な野外学習はそうそうないかもしれません。

    

新着情報

  • 2016.04.15

    緊急のお知らせ

    九州熊本地方を中心とする地震の影響によるお荷物のお届け遅延が予想されます

一覧を見る