カラダにおいしい、サイフにやさしい。週末まとめ買い+つくり置き。

健康なカラダは、毎日の三度三度の食事からつくられます。
「家族の健康を思うと、家で食事を作ることの大切さはよくわかる。それでも、毎日料理して、そのたびに洗いものもしてと思うと、なかなか手がつかない」

こんな気持ちになることはありませんか。

でも、決して食事のたびに料理することだけが正しいのではありません。バランスよく食事をすることが一番大事なのだから、そのために毎度料理しなくても、週末に食材をまとめ買いして常備菜を作り置きしたり、冷凍食品を上手に使えばいいんです。そして、おすすめはそれらを保存する専用冷凍庫を1台用意すること。1台分の作り置きと冷凍食品があれば、短時間にテーブルに乗り切らないほど、たくさんの料理を準備することもできます。
まとめ買いをすれば一度で割安に購入できるので家計の助けにもなるし、まとめて作り置きをすれば、調理の手間も時間もずいぶん短縮できます。

育ち盛りの子どもがいれば、週末に作ったおかずが足りなくなることもあるでしょう。そういう時は、冷凍食品をプラスしたり、余裕があれば、旬のものやその時食べたいものを1品買い足してもいいでしょう。新鮮な野菜を何種類か切るだけでも、酵素たっぷりのサラダになります。とにかく、週末に準備しておけば、平日の食事の支度の手間と時間は格段に減らすことができます。

冷凍庫に常備菜や冷凍食品を何種類かストックしておいて、栄養バランスを考えながら、その時々でおかずを組み合わせる。まとめて買えば経済的だし、その上手間も時間も短縮できる。カラダもサイフも喜びそうなこの習慣、さっそくこの週末から始めてみませんか。

    

新着情報

  • 2016.04.15

    緊急のお知らせ

    九州熊本地方を中心とする地震の影響によるお荷物のお届け遅延が予想されます

一覧を見る