TOP >  イエレシピ >  レンジで簡単! カボチャとかぼすの絶品おつまみ

レンジで簡単! カボチャとかぼすの絶品おつまみ

【レンジdeおつまみ!Vol.1】ビールと共に秋の味覚を楽しもう! レンジで簡単に作れるおつまみレシピ集

旬を手軽に味わえる! 電子レンジおつまみレシピシリーズの第一弾!

だんだん夜が長くなり、秋の訪れを感じる今日この頃。快適に過ごせるようになりましたね。そんな季節をより豊かに過ごすべく、ちょっとだけ新しいことにチャレンジしてみませんか? UPGRADE編集部では、旬の食材を使った“簡単おつまみで楽しむ家飲み”をおすすめしたいと思います!
今回からシリーズでご紹介するのは、電子レンジで簡単に作れる、家飲みにピッタリのおつまみレシピです。電子レンジで調理すれば後片付けも簡単なので、「イザ料理!」と意気込まず、気軽にできるのが嬉しいところ。料理はあまり得意じゃないという方にぜひチャレンジしていただきたいこのレシピ。お好きなビールとともに、秋の味覚をおいしくいただきましょう!

柴田雄平
onakasuita株式会社 代表取締役社長/株式会社mannaka 代表取締役社長/株式会社Volante 代表取締役社長/いいね! JAPAN プロモーター/大人のダイエット研究所 プロモーター

1986年2月21日生まれ、埼玉県川口市出身。埼玉県の高校卒業後、調理師専門学校へ。調理師免許取得後は、海外に家庭料理を学ぶ旅へ。現在は、外食のコンサルティングをはじめ、食品メーカーのブランディング戦略や年間のマーケティング戦略などの支援を行うほか、ワークショップや講演などの活動を実施。また、門前仲町のおばんざい居酒屋おはしkitchen・日本橋茅場町のおでん居酒屋煮炊きやおわんを運営している。

おいしく簡単、栄養満点! 男をアゲる電子レンジレシピ

電子レンジ調理は、手軽さだけでなく、栄養面でも嬉しいメリットがあります。たとえば、ビタミンCなどの水溶性の栄養素は、加熱によって減少することがありますが、電子レンジを使用することによって、ゆでるよりも多く栄養素を残すことができると言われています。つまり、素材の栄養をまるっといただくことができるという訳です!

ビール片手に友人や恋人と好きなDVDを観たり、のんびりと語らう秋の夜長に、栄養満点で気の利いたなおつまみをサッと作れば、喜ばれること間違いなし。しかも、「コレ、体にもいいんだぜ」なんて一言添えて出したら、男としての株も急上昇です!

加熱時間9分でできちゃう! カボチャとかぼすの南蛮漬け

今回ご紹介するレシピで使う旬の食材は、カボチャ。ビタミンCやカロテン、タンパク質などを含む栄養価の高い食材です。緑の皮とオレンジの果肉が鮮やかな、コントラスト美しい見た目は、少し手を加えただけで彩のキレイな料理に仕上がります。また、果肉にはこっくりとした自然の甘みがあり、ビールをはじめとした様々なお酒との相性も抜群です!

カボチャは、電子レンジで熱することで、ほくほくとした食感に。カボチャ本来の甘さも引き出されます。また、お酢だけでなく、かぼすもぜひ入れましょう。柑橘類の華やかでさっぱりした香りとカボチャが抜群のコンビネーションを見せます。UPGRADE編集部もいただきましたが「濃厚なカボチャをこんなに爽やかにいただけるなんて…!」と驚きの声が続出でした。新しい味わいを、ぜひお試しください!

レシピ(材料2人分)

カボチャ……1/4個
かぼす……2個
玉ねぎ……1個
片栗粉……適量
サラダ油……5cc
醤油……50cc
出汁……100cc
酢……50cc
砂糖……60g

作り方

【1】
カボチャの皮を下にして、一口大の大きさに切る。そのカボチャに片栗粉をふり、水をほんの少しはったお皿に入れ、電子レンジに5〜6分かける。

【2】
全ての調味料を入れ、電子レンジに3分入れ南蛮液を作る。

【3】
玉ねぎは薄切りにして揉み込み、水にさらしてアクを取る。

【4】
【1】〜【3】をしっかり揉み込み、かぼすを薄切りにしてタッパーに入れ冷蔵庫で冷やす。

【5】
1時間程したら盛りつける。

レンジで作るワンポイントアドバイス

カボチャに片栗粉をふってレンジにかけるのがポイント!
カボチャが割れるのを防いでくれます。