TOP >  イエナカ >  冷蔵庫で“くらし”が変わる!?

冷蔵庫で“くらし”が変わる!?

中目黒在住30代男性宅を突撃! “今”と“これから”を考えた、理想の冷蔵庫選びとは。

UPGRADE編集部が、中目黒のマンションで取材を決行!

東京、中目黒。閑静な住宅街に佇む、一棟のマンション。ここに、冷蔵庫を買ったことで“くらし”が変わったという人物が住んでいるという情報をキャッチしたUPGRADE編集部。しかし、車や家、最新のデジタル家電ならまだしも、冷蔵庫でなんて、ちょっと言い過ぎなのでは…? でも、ホントに変わったとしたら、どんな風に変わったのか気になるところ。そんなわけで今回、冷蔵庫で“くらし”が変わったという成沢さんのお宅にお邪魔して、話を聞いてきました。

突然の出会いはIKEAから

編集部:
成沢さんの“くらし”が冷蔵庫で変わった!とお聞きしたのですが、ホントですか!?

成沢さん:
はい、本当です。部屋はオシャレになったし、友人には羨ましがられるし、買い物も楽しくなるし、将来のライフプランまで意識するようになり…。冷蔵庫で“くらし”が変わったと言えるのではないかと思います。

編集部:
な、なんと将来のライフプランまで…。この冷蔵庫がどんな風に活躍しているのか、ますます気になってきました。まずは、出会ったきっかけを教えてください。

成沢さん:
引っ越しに必要なものをIKEAに買いに行った時に、たまたま見かけたのがきっかけですね。「カッコイイ! でも、高そう!」と尻込みしましたが、部屋に置くものにはこだわりたかったので、値段だけでも見てみようかと、ロゴを頼りにネットで検索して…。
※この冷蔵庫はIKEAの北欧風デザインの家具ともマッチするデザインだということで、現在IKEA全店で展示しています。

編集部:
通販サイトで値段を見て、どうでしたか?

成沢さん:
え〜こんな安いの!?って(笑)。インテリア雑誌の特集に出てくる冷蔵庫はどれも20〜30万円するので、この冷蔵庫も同じくらいかと諦めかけていたんです。自分にも手が届く価格だとは、嬉しい誤算でした。

冷蔵庫が決まって、やっと理想の部屋が完成したなって

編集部:
実際に使ってみて、どうですか?

成沢さん:
自分の部屋に置いてみたら、想像以上に素敵に見えました。友人を家に招くと「すげー! かっこいいじゃん」「どこの冷蔵庫?」とよく言われるので鼻が高いです。値段を言うと、みんなビックリしますけどね(笑)。
この冷蔵庫だと部屋全体に統一感が出るというか、自分の理想の部屋がやっと完成したなという感じです。

編集部:
部屋づくりには、冷蔵庫とインテリアの相性も意識されますか?

成沢さん:
そうですね。白を基調としたシンプルな部屋に仕上げたかったんです。でも、冷蔵庫は白じゃないな、と思っていました。そもそも大きくて目立つものなので、白に統一してしまうと、かえって生活感が出てしまう恐れがあって。色は、ゴールドとも少し迷ったのですが、自分の部屋の雰囲気に調和しつつポイントになるのはこの上品なシルバーかな、と決めました。

大容量冷凍室が、買い物を楽しく変えてくれました

編集部:
他に気に入っている点はありますか?

成沢さん:
大容量の冷凍室ですね! コストコのような大型スーパーで躊躇なく買い物できるようになったのが嬉しいです。以前は、せっかくお得にまとめ買いしても、冷凍室に入りきらなかったので、近所に住んでいる友人におすそ分けしたりしていました。本当はあげたくないんですけど(笑)。あと、冷凍室の引き出しが多いので、整理整頓できるのがすごく便利です。

機能も使いやすさも、自分のライフスタイルにちょうどいい

成沢さん:
あと、僕は冷たい飲み物が好きで、どんな飲み物にも必ず氷をいれるので、氷のストックがたくさんしまえるのもすごく助かっています。

編集部:
この冷蔵庫には製氷器が付いていませんが、物足りなかったりしませんか?

成沢さん:
いえ、氷は断然『買う派』なのでなくても大丈夫です。そのスペースに他のものをいれたいので、僕には製氷機はないほうがマッチしていますね。まわりでも、お酒をロックで飲む人は、氷は買う派の方が多いです。製氷器の氷だとちょっと味気ないというか……。

編集部:
わかる気がします。

成沢さん:
あと、「My Zone」機能が便利です。普段は冷蔵モードにして使っていますが、次の休日に友人が家に来る!なんていう時は、事前にお肉などを買い溜めして、パーシャルで保存します。当日買いにいくと慌ただしいですから。あとは、食べきれなかったお刺身をとっておく時にも使っています。鮮度が落ちないですし、冷凍よりもおいしく食べられるので気に入っています。 ※冷蔵、チルド、パーシャルから自由に自分で設定できるマルチルーム。冷凍してから解凍すると食品から水分が出てうまみが逃げますが、パーシャルなら食品が少し凍る-3℃近辺の温度で冷やして変色を抑えながら、うまみ成分を残せます。また、包丁で切れる状態で肉や魚を新鮮に保存できるのも嬉しいポイント。

10年先まで見据えて選んだ、この容量

編集部:
ちなみに、冷蔵庫のサイズですが、340Lはお一人で使うにはちょっと大きくないですか?

成沢さん:
実は、結婚を考えている彼女と今後この家で同棲する予定なので、二人暮らしにも使えるものを、彼女と相談して選びました。今は、ひとりですが、飲み物や調味料もたくさん入りますし、整理しやすいので助かっています。むしろ、休みの日にホームパーティをする時には、これくらいの大きさでないと難しいかもしれないですね。将来的に子どもができた時のことを考えても、容量に余裕があるものがいいなぁと思って。この冷蔵庫を買うことは、10年先までを見据えた投資って感じですね。

編集部:
そこまで具体的にライフプランを立てられているとは! 彼女さんの反応はいかがでしたか?

成沢さん:
冷凍室の引き出しが分かれているので、冷凍室を頻繁に開け閉めしても、冷気が逃げないのが良いと言っていました。それから、彼女はワイン好きなので、ワインラックがあることにとても喜んでいました。 あと、結婚してからもしばらくは共働きになると思うので、彼女が休みの日に手料理をたくさん作って、1週間分冷凍してストックするからご飯は任せて!って今から張り切ってました(笑)。大容量冷凍室だから、作りがいがあるとも言ってましたね。このサイズだから、子どもができたからといって、慌てて買い換える必要がないのもいいね!とも話してました。気に入ったものは、愛着を持って長く使いたいそうなので。もちろん、僕も同感です。

機能も価格も容量も。あらゆる人におすすめできる冷蔵庫

編集部:
本日は色々とお話を聞かせていただいてありがとうございました。最後に、この冷蔵庫をこれから買おうと思っている方にメッセージをお願いします!

成沢さん:
一人暮らしにも二人暮らしにも、大きすぎず、小さすぎず、気の利いた機能もデザインも申し分ない、今の僕にはベストな冷蔵庫だと思います。
あと、購入前はあまり意識していませんでしたが、扉の重量感がとっても気に入っています。しっかり開け閉めの感触があるので、イイものを使っているなぁという感じがするんです。これって車と同じですよね。

編集部:
そうですね。軽自動車と、高級車の違い…みたいな。

成沢さん:
そうそう。毎日使う物だからこそ、見た目はもちろん、基本的なところがきちんとしているものがいいじゃないですか。そういった考えを持っている方だったら、絶対満足できると思います!